FC2ブログ

気まぐれ魔女のホリスティック・ビューティ日記

五感で癒すこころとカラダ 「HOLISTIC * BEAUTY STUDIO」 から贈る日々のできごと。                            漢方、薬膳レシピ、アロマ、カラーセラピーなど “五感” を織りまぜてお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春と自律神経の乱れ② ~ 風が吹いて木が乱れる ~

さて、前回の続き♪

どうして春は、自律神経が乱れやすいのか?

その前に、基本的なところを、ちょこっと復習……

  ●自律神経は、ホルモンの分泌や心臓の動きなど、
   自分ではコントロールできない身体の働きを司っているところです。

  ●自律神経は、大きく2種類にわけられます
   交感神経………心身を活動的にする神経
   副交感神経……心身を休める神経

  ●自律神経が乱れるおもな原因
   外的要因………生活リズムの乱れ、環境の変化など
   内的要因………ストレス、ホルモン分泌の乱れなど

   ※ 生活リズムや環境が変わると、とうぜんストレスも増えるし、
     ストレスが増えれば、ホルモン分泌も狂いますから、
     いくつかの原因が相互にからみあってるケースが多いようですね。

このように、

わたしたちが無意識のうちに行っている 身体の調整機能=自律神経の働き は、
ストレスなど精神面の影響を受けやすいのです。



さて、ここから漢方のお話の続きですが、

前回、春は 「東」「ブルー」 と関連すると書きましたね。

これは、漢方の基礎理論である 「五行説」 にもとづくものですが、

さらに、これを見てみると、 


春は 「木」 の性質を持つ季節、 そして、春の気候を象徴するのは、「風」 となっています。



日本でも、立春(2月4日頃)から春分(3月21日頃)のあいだに吹く「春一番」 が、春の訪れを知らしてくれますね。


さて、ここでイメージを膨らませてください。

「風」 が吹くと、「木」 はどうなりますか?

風は上方ほど強く吹きますから、高いところの枝葉ほど大きく左右に揺れます。
その揺れ方も、気まぐれな風にあわせて、動いたり止まったり。

人間の気持ちも、この「木」と同じで、
そわそわ、ぐらぐら不安定で、なんとなーく落ち着かないんです、春は。


しかも、季節は陰から陽への変わり目で、
「なにか新しいことを始めたい」「動きたい」という欲求が高まってくるので、


あっちへ顔を突っ込んでは、プンプンして、
こっちへ手を出しては、凹んで、
はたまた向こうへ行っては、ルンルンで……

というふうに、心身ともに安定しないんですね。


そして、この大きな“揺れ”が、知らず知らずのうちにストレスになって、
自律神経に影響を及ぼしてしまう、というわけです。


現代社会の流れからみても、
春は、学校や会社など、生活や人間関係がガラリと変わる時期なので、
まさしくストレスの高まりやすい季節であるといえるでしょう。

で、いわゆる 「五月病」 になってしまう……




けれど、一般的に、自律神経失調症というのは、
病院で検査をしても「異常なし」と言われることが多い
のも事実です。

本人は、動悸やめまい、ほてり、気だるさ、頭痛、耳鳴り、不眠……と、
かなりツライ症状におかれているのにもかかわらず。


ただ、これは病院の対応が冷たいのではなく、
西洋医学では、ある程度仕方ないのかな、という気もします。

なぜなら、自律神経失調症というのは、内臓や器官の病変によるものではないので、
「ココが悪くなってます!」っていうように、ひと言で解明できないんですね。

自律神経失調症という言葉じたい、正式な病名ではありませんから。
症状が局所的にあらわれている場合は、それに応じた治療が行われますが、

   例) 頭痛 → 頭痛を抑えるクスリ

これって、根本的な解決になるのかな~?? というのは、個人的な疑問。

西洋東洋を問わず、どんな医学にも 「得手不得手」 はありますからね。

カラーパンクチャーのような代替医療も含めて、
今の時代は、「自分で治療法を選ぶ、そのための知識や情報をふだんから得ておく」 ということが、
とても大切だと思います。



あっと、話がそれてしまいました。


「原因がよくわからない」とされることの多い、自律神経の乱れですが、
次回は、セルフコントロールに役立つ豆知識をお届けしますね。
スポンサーサイト



| 薬膳レシピ&漢方/味覚 | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/tb.php/8-def83376

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT