FC2ブログ

気まぐれ魔女のホリスティック・ビューティ日記

五感で癒すこころとカラダ 「HOLISTIC * BEAUTY STUDIO」 から贈る日々のできごと。                            漢方、薬膳レシピ、アロマ、カラーセラピーなど “五感” を織りまぜてお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

色ってなんだろう

     色ってなんですか?

って、聞かれたら、あなたはどう答えますか?

実は、カラーパンクチャーの最初のクラスで、
先生が初めて口にしたのが、この質問だったんですね。
「光」というところまでは、すぐに答えが出たのですが

    では、光ってなんですか?

と重ねて訊かれると、みんな ??? でした。



   光はね、電磁波の一種なんですよ。


当時のわたしの頭は、「 電磁波 = ケータイ = カラダに悪い 」 という
認識しかなくて、ものすごく驚いたものですが、
いろいろ学んでいくうちに、

この世のなかのすべてのものが
それぞれの波長をもって存在しているということを知りました。


ほら、みなさんも、たまに使うでしょう。

 「あのひととはなんだか波長があうわ」 って。

言葉にはできないし、目にも見えないけど、みんなちゃんと“感じて”いるんですね。

最近、流行のオーラも、結局のところ、
その人が出している波長=電磁波を色に置き換えたものといえるでしょう。


ところで、今日は、思いがけないところで、“色”についてお話をする機会がありました。

お逢いしたのは、熊野生流倶楽部というNPO法人の理事長をしておられるM様です。

「こころの環境デザイン」というお仕事をされているかたわら、

熊野というひとつの“場”を足がかりに、
自分自身の生き方を見つめなおそうというコンセプトのもと
積極的にNPO活動を行っておられる方です。

そのM様は、もともと工業デザインを手がけていて
日々、色とのかかわりが深かったんですね。

ところがイタリアへ出かけた際、
京都で見た 「赤色」 が、
イタリアで見ると、まったく違う印象の 「赤色」 に見えることに
深い感銘を受けて、今の道を歩まれるようになったそうです。

つまり、色には実体がない、ということに気づかれたんですね。

すごい洞察力ですね。


京都では「侘び」「寂び」を感じさせる赤色 (朱色といった方がいいかな?) も、
イタリアでは、きっと情熱的な澄んだ真紅に見えたのではないでしょうか。

日本で受ける太陽光線 と イタリアが受ける太陽光線 は違う、ということです。

光を受ける網膜も人種によって、微妙に違うでしょうから、
同じ「イタリアの真紅」も、
日本人が見るのと、イタリア人が見るのとでは、きっと違って見えることでしょう。


わたしには、M様のような鋭い観察眼はないですが、


 色がきっかけで、生き方を変えた人がいらっしゃるんだ……


と思って、感慨深かったです。

わたしも、カラーパンクチャーと出会うことがなければ、
今でも、会社勤めを続けていたと思います。


色って、おもしろいですね。

スポンサーサイト



| カラーパンクチャー&色彩心理/視覚 | 15:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/tb.php/6-a8efb3ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT