FC2ブログ

気まぐれ魔女のホリスティック・ビューティ日記

五感で癒すこころとカラダ 「HOLISTIC * BEAUTY STUDIO」 から贈る日々のできごと。                            漢方、薬膳レシピ、アロマ、カラーセラピーなど “五感” を織りまぜてお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋冬バージョン きゅうりと白きくらげの味噌和え

昨日の【マヨネーズの要らないポテトサラダ】 に使った
胡瓜が残ってまして……

「胡瓜と白きくらげで和えもの でも」 と思ったのですが、
あまりにも “寒い” ような気がして、
ドレッシングといいますか、タレをちょこっと工夫してみました。
秋冬バージョン きゅうりと白きくらげの味噌和え02
いつもはこんな感じでなのですが、

これ↑を春夏バージョンとすると、
今回のは、秋冬バージョンになりますか。。。

本当は、ブログに載せるつもりではなかったのですが、
(あわてて撮影したのでボケボケですみません)

食べてみると、意外に美味しかったし、

同じ食材でも
ドレッシングやタレ、薬味などで、
身体や季節にあわせて調節できますよ! 
という、ひとつの例になるかな~と思って。

白きくらげ、味噌にもあうんですね~
ちょっと「発見」した気分です。
秋冬バージョン きゅうりと白きくらげの味噌和え03
【秋冬バージョン きゅうりと白きくらげの味噌和え】

《材料/ 小鉢盛りにしたら4人分くらいかな~》
・胡瓜 2本
・白きくらげ 乾燥で約13gほど

A・味噌 大さじ1+1/2
  ごま油 大さじ1
  にんにくのすりおろし 1/2~1個分 (お好みで)
  醤油 小さじ1


《作り方》
1)白きくらげは熱湯で戻し、食べやすい大きさに。

2)胡瓜は、板摺した後、小口切りにし、
 塩をなじませてしんなりさせた後、水&塩気を手でしぼる。

3)Aの材料を混ぜ合わせ、1と2を加えてあえる。





秋冬バージョン きゅうりと白きくらげの味噌和え01
白きくらげは、
美容とか美肌系の薬膳には、
とってもよく使われる食材のひとつですね。

肺や皮膚を潤す作用があるので、
いわゆる「お肌ぷるぷる」効果があります。


昔むかしの中国では、
非常に価値のある食材として
「銀耳」という名前で呼ばれていました。

「銀」ほどに価値がある、高価である という意味と
カタチが「耳」に似ている

……というところから
つけられた呼び名ですね。






読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  


【オマケ】

白い曼珠沙華。
白いマンジュシャゲ
その名もズバリ、
シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)。

曼珠沙華(=彼岸花)というと、
燃えるような赤を思い起こしますが、

白色も、なかなかキレイです。



ちなみに、彼岸花の根は、
石蒜(せきさん)と呼ばれる生薬としても使われていましたが
非常に毒性が強いので、
素人は容易に手を出さぬように!






読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  
スポンサーサイト



| 薬膳レシピ&漢方/味覚 | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/tb.php/581-b4bdbbcf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT