FC2ブログ

気まぐれ魔女のホリスティック・ビューティ日記

五感で癒すこころとカラダ 「HOLISTIC * BEAUTY STUDIO」 から贈る日々のできごと。                            漢方、薬膳レシピ、アロマ、カラーセラピーなど “五感” を織りまぜてお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

美味しさを決める太陽と水

はい、この記事がアップされる頃、
私は、まだ東京の空の下ですが……

今日は、太陽と水のお話です。


先日の切干大根に味をしめて・笑
日なた野菜
またまた、買ってきた野菜を日光浴させてます。




ずいぶん以前から、
野菜類は、2~3時間、日光にさらした方が美味しい
とは、聞き知っていましたが、

切干大根ならともかく、
そのままでいただく野菜がしなびてしまうのはな~
と躊躇していたんですね。


ところが、最近読んだ程一彦氏の本に


『私は毎朝、陽あたり水を飲んでいます。
どこそこの名水というものでもなく、
高い浄水器を使うものでもありません。
水道の水をガラスの容器に入れて太陽に2、3時間当てます』

それだけで
塩素などの含有量がかなり減り、
とても美味しいとか。

程氏は、料理や炊飯だけでなく、
金魚や植木、花瓶にもこの水を使っているそうです。




やっぱり太陽の力は、すごいだわ!
ということで、

ココから先は、魔女流アレンジ策。



野菜は、よく洗い、キッチンでしばらく
塩水をはったボウルにつけておきます。

        塩を入れるのは、
        ただの水よりも、有害物質などが抜けやすくなると
        たしか妹妹(メイメイ)に教えてもらったから。


野菜の細胞がしっかり水気を含んだかな~というところで、

        この状態で、新聞紙にくるんで冷蔵庫に入れると
        野菜は長持ちします。
        これは、私自身、ずーっと前から実践中。
   
        野菜は輸送される間に、細胞がひからびてしまうので
        そのままや、さっと洗っただけで
        保存すると、すぐに元気がなくなるのです。


新しくつくった塩水につけたまま、
日向に置きます。

で、
あとは、かるく水洗いして調理するだけ。
パプリカサラダ
私は、この日は、
パプリカの温野菜をつくったのですが、
すご~く美味しかったです。





自然の力を取り入れた智恵のようなものですが、
これもまた薬膳の在り方のひとつじゃないかな、と思います。

程氏の、この本には
こうした日常のヒントがいっぱいあって、
とても楽しく読めます。

ご興味のあり方はぜひ、どうぞ!



読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
  
スポンサーサイト



| 薬膳レシピ&漢方/味覚 | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/tb.php/476-0352614b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT