FC2ブログ

気まぐれ魔女のホリスティック・ビューティ日記

五感で癒すこころとカラダ 「HOLISTIC * BEAUTY STUDIO」 から贈る日々のできごと。                            漢方、薬膳レシピ、アロマ、カラーセラピーなど “五感” を織りまぜてお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アロエの手作り化粧水

先日、カフェに置いてあった料理の専門誌に

アロエベラを食用として
研究しているスペイン人のシェフが登場していました。

アロエじたいがもっているゲル状の性質が
天然の乳化作用、凝固作用を発揮する、

ということで、栽培から手掛け、何年も研究を続けているそうです。





我が家のベランダにあるのは、
キダチアロエ
アロエベラにくらべて、ゲル質が少ないのですが、

虫さされや日焼けした肌に塗りつけたり、
化粧水をつくるぶんには、十分です。

アロエの炎症抑制効果は、
ギリシャ時代からよく知られており、
火傷の治療などにも使用されていました。

陽射しの強くなるこの時期、
火照った肌のケアにと、化粧水も夏向けに。

アロエ01
アロエの果肉 約35g

アロエ02
同量の精製水とあわせて、ミキサーにかけた後。


アロエ03
お好みでグリセリン少々。


保存は、冷蔵庫で1週間。

と、よく言われますが、

わたしは、この量は1週間はもちません。
顔はもちろん、ボディにもバシャバシャ使うので
4日ほどでなくなります。






ちなみに、
アロエベラを料理に使用する場合、
アロリーナという苦味成分を抜くために、
最低6時間は水につける。

または、

熱湯に通してすぐに冷水にとる。
ということを3回繰り返すとよいそうです。

これは、スペインのシェフ、
Quique・Dacosta (キケ・ダコスタ)さんのお話より。




読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  
スポンサーサイト



| 手作り石鹸&コスメ/触覚 | 20:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当だ~~

今日は魔女先生の方法を参考にして、やっと
苦手なアロエを美味しく作れるようになりました!
苦味はほとんど消えて、最高です~。

| 通りすがりのチン | 2009/04/10 20:59 | URL | ≫ EDIT

通りすがりのチンさんへ

お久しぶりです!!

早速チャレンジしていただいて、
ありがとうございます!

日本では、食用アロエがスーパーに並ぶのは
もう少し先ですが、
台湾では、きっと大きな葉がとれるんでしょうね。



ちなみに、
どんな料理になったのか。。。
また教えてくださいまし。

| 気まぐれ魔女 | 2009/04/10 21:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/tb.php/419-ad6b0ac8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT