FC2ブログ

気まぐれ魔女のホリスティック・ビューティ日記

五感で癒すこころとカラダ 「HOLISTIC * BEAUTY STUDIO」 から贈る日々のできごと。                            漢方、薬膳レシピ、アロマ、カラーセラピーなど “五感” を織りまぜてお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猪のレバー炒め

知る人ぞ知る……といっても
誰もご存知ないと思います・笑

が、

うちの実弟の 嫁さんの お父さんは
猟師さんなんですね。


その弟のお嫁さんは、とってもほっこりしたキャラなのですが
「姉さん、これ食べる~?? 好き~??」

と、いつもののんびり調子で、

猪の肉とレバーを送ってくれました。

彼女のお父さんが
射止めた猪を、その場でさばいて、冷凍した新鮮なお肉です。


で、うちの実妹……
ブログでお馴染みの、台湾に住んでいる妹妹(メイメイ)に話すと

「猪の肝~!!! そりゃ精がつくっしょ!!」
と、こちらは、いつものパキパキ・キャラで・笑


さて。
どれほど精がつくのか、わかりませんが
弟の嫁さんに、「どうしたら美味いのん?」と聞きつつ

猪の肝炒め に挑戦。
猪の肝
これ、猪の肝です。

おなじみの鶏の肝よりプリプリの感触で
弾力があるのが新鮮。

クセがあるそうで
「酒か牛乳にしばらく漬けたほうがいいよ」 と言うことなので

氷水に10分ほどさらした後、
に30分漬けました。


その後、
黒麻油に、親指大×2ほどの生姜のみじん切りをよく炒め、
そこに、小口に切った肝をあわせて
醤油と砂糖で、炒め煮。

最後に、少々のネギをあわせました。

猪のレバー

美味しい~!

酒に漬けたお蔭か、
たっぷりの生姜のお蔭か否か、定かではありませんが

私には、
クセもほとんど感じられることなく、

酒の肴にピッタリ~!! の美味。

そもそも、血の色そのものが
見慣れているスーパーの鶏の肝より鮮烈で
たぶん、素材そのものの新鮮さが美味しかったのだと思います。



で、続けて、猪の肉
猪の肉
どこの部位か、訊くのを忘れましたが

フライパンで、ごくごくフツーに焼きまして。
途中で、切ってみたところが、上の写真。


血もしたたるいいオトコ……ではなく・笑
やっぱり食べなれない肉はコワイので

この後、さらに軽くソテーして

塩、胡椒、花椒で、味をととのえました。

これも、美味し~!!!


「猪の肉はクセがないから、塩、胡椒だけで十分!!!」
と教えてもらっていたのですが、

思いつきで、花椒を加えたところ
香りがたって、大成功。


猪肉の栄養価やレシピに関しては
こちらのサイトが非常に詳しかったのですが、
http://www.ex.biwa.ne.jp/~hayazaki/inoshishiresiep.pdf

猪肉は、江戸中期の「和漢三才図会」には、
肌膚を補い、五臓を益する」 と記載されているそうで

体をあたためるほか
疲れをとって、元気を養ってくれることから


猪を食べることを 「薬食い」 と言っていたそうです。





ワタシ、これ以上元気になったら、どうなるんだろう? と
少々明日が心配です。



オ・マ・ケ
向日葵と梅十
猪肉を送ってくれた弟夫婦の
子供たち。

ついついこの間まで、赤ちゃん赤ちゃんしていた長女が
弟のできた途端、
お姉さん顔になっているのが、
なんとも不思議です。





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  
スポンサーサイト



| 薬膳レシピ&漢方/味覚 | 20:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いのししはおいしいけれど、こうやって写真で見ると、結構グロテスク‥。

でも赤ちゃんとおねえちゃんの笑顔の写真に癒されました。
赤ちゃんのいる風景っていいね。
すごく幸せな感じ。

| さくしょうママ | 2009/01/31 19:39 | URL | ≫ EDIT

そうそうそうなんですよ~

レバーは、とくに感じなかったのですが、
肉を食しているときに、

繊維質が多いので(すごくサッパリした味です)、
一口、一口、噛みしめていたのですが、
野生人にかえった気分でした★

マンモスを倒していた頃の人間は
こんな感じだったんだろうな~

って感じ。

人間って雑食動物ですからね・笑

| 気まぐれ魔女 | 2009/01/31 19:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/tb.php/372-ef34fc02

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT