FC2ブログ

気まぐれ魔女のホリスティック・ビューティ日記

五感で癒すこころとカラダ 「HOLISTIC * BEAUTY STUDIO」 から贈る日々のできごと。                            漢方、薬膳レシピ、アロマ、カラーセラピーなど “五感” を織りまぜてお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カラーパンクチャーで治りますか?

さて。 

こんなことを書くと、「営業的にはマイナス」 だと思うのですが……

わたしの思うところを、正直に書いてみるので、ちょっとお読みくださいね。



セッションの前後でカウンセリングをしていると、

「カラーパンクチャーで、治りますか?」

「○○○(セッション名)を受けると、治りますか?」


という質問を受けることが、ときどきあります。



基本的に、カラーパンクチャーは、医療行為ではないので、
「治る」「治らない」という単語は、あてはまりません。



このことを前提として……


わたしが、いつもお客様にお答えしているのは、


「 治るかどうかは、わたしにはわかりません 」


です。

どうですか?
無責任な言葉に聞こえますか?


続いて、こんなこともお話します。


「 あなたの抱えている問題を解決できるのは、あなた自身です。
カラーパンクチャーも、わたしも、あなたのサポート役でしかありません。

だから、あなたが心の奥のどこかで、解決したくない、と思っていれば
いくらカラーパンクチャーを受けても無駄になるだけだし、

逆に、こんなものでは解決しない、と思っていたら、
あなたが思うとおり、解決しないでしょう 」




聞きようによっては、やっぱり
とても冷たい印象を受けるかもしれませんね。





でもね。





何度考え直しても、同じ答えしか出てこないんですね。
わたしの脳ミソでは。


もしも、わたしが、
あなたの代わりに、食べて、寝て、会社にいって、旦那さんや恋人や家族とコミュニケーションして、
あなたの夢を実現して、友達と遊んで、老後に備えて、
あなたの目で、鼻で、耳で、皮膚で、舌で、世界をとらえることができて、
あなたの人生を生き切ることができたら、

たぶん、わたしは、あなたを治すことができるかもしれない。


でも、そんなこと、誰にも無理でしょう?


あなたの人生は、あなただけのもの。

あなたの苦しみも、あなただけのもの。


なので、あなたを治すのも、結局、あなたしかいないんです。





じゃあ、カラーパンクチャーの意味ってなによ? って問われたら

あなたが、あなた自身の心を整理したり、
体調が悪くなる原因を探るお手伝い作業なんですね。

よくなりたい、という意志はあるけれど、
どこから手をつけたらいいのかわからない、

そういうときに、カラーパンクチャーで原因や糸口を探ってみましょうね。


ということなんです。



逆にいうと、それができるひとには、
カラーパンクチャーは、なんの意味もないかもしれません。


わたしは、それでいいと思います。


ヒーリングが、この世にたくさんある、ってことは、
それだけ、悩んでいる人がたくさん存在する、ってことでしょう?


ヒーリングの存在意義がなくなるくらい、
みんながハッピーな世のなかになれば、いいなあって、

そう思うんですよ。



その日がくるまでは、

ひとつ、ひとつの、出逢いを大切に、
あなたが笑顔になるためのお手伝いをしていきたいと思っています。




というわけで。

ホリスティック*カラーヒーリングに来られるときは、


「 自分をよくするのは、自分だけ! よっし、絶対よくなるぞ! 」 っていう
気合入りでお越しくださいね☆

わたしも、精一杯、あなたを応援いたします。



=====================================
色と光でこころとカラダを癒す 「ホリスティック*カラーヒーリング」 メニュー案内やご予約はこちらまで
http://www.colorpuncture.info


ホリスティック*カラーヒーリングを主宰するHOLISTIC * BEAUTY STUDIOのメルマガはこちらです。(無料)
http://www.holisticbeauty.jp/hb/melmaga.html
スポンサーサイト



| カラーパンクチャー&色彩心理/視覚 | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/tb.php/28-eda29f7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT