FC2ブログ

気まぐれ魔女のホリスティック・ビューティ日記

五感で癒すこころとカラダ 「HOLISTIC * BEAUTY STUDIO」 から贈る日々のできごと。                            漢方、薬膳レシピ、アロマ、カラーセラピーなど “五感” を織りまぜてお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

色と光のパワー③ それでも光は語りかける

今日は、色=光のパワーについての第3弾、「それでも光は語りかける」 です。

なんだか、ガリレオ・ガリレイみたいですね・笑

============================================

色=光は、波長であり、皮膚を通して体内に吸収されている、
というお話をずっとしてきたわけですが、

   光が体内に取り込まれるなんて、ちょっと……

という方もいらっしゃると思うんですね。 もしくは、

   光で心身のバランスをとるって、ほんとうかな……

という疑問。

なので、もう少し具体例をいくつか挙げてみようと思います。



光を世界ではじめて“治療行為”に活用したのは、
デンマークのニールス・リーベング・フィンセン医師 だと言われています。

彼は、光線療法によって皮膚結核(狼瘡)の治療にあたり、

その功績をたたえられて、1903年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。
「近代光線療法の父」と呼ばれている方です。


植物が、光合成によって生命を維持していることは
みなさんよくご存知だと思いますが、

わたしたち人間のカラダの細胞も、同じように “光” が必要なんですね。


   とはいっても、最近の太陽光線はオゾン層の破壊によって
   有害な面がクローズアップされていますが……


また、イギリスでは1950年頃、
乳幼児の黄疸の症状に、青色光線が治療に使われていました。

このように、特定の光が、ある病気に有効だったり、
成長を促進したり、痛みをやわらげたりするパワーを持っていることは

その頃から、次々と発見されるようになったのですが、

そうは言っても、わずか100年ほどの歴史しかないのです。

多くの人が、光の力を実感するには、まだまだ時間がかかりそうですね。


けれど、よくよく考えてみると、
わたしたちは、 “光” とは認識しないまま、そのチカラを活用しているんですよ。


たとえば、ガンなどの放射能治療に使われるγ線。

このγ線も、電磁波の一種であり、光の仲間なんです。


場合によっては、症状が悪化するといったケースもあるようですが、

これは、γ線が、非常に粒子が細かく、エネルギーの強い光であるため、
細胞核よりも勢いが強すぎてしまうためです。



また、パソコンやケータイをずっと使い続けていると、
身体のストレスを感じたり、お肌が乾燥肌になりやすい、とよく言われますね。

このパソコンやケータイの電磁波もまた、光なのです。


いかがですか?


よきにせよ、悪しきにせよ、
“変化が起こる”ということは、光がわたしたちの生理作用に影響している、ということにほかなりません。


信じる、信じない、というよりも、物理学の世界なんですね、これ。

なので、気分は 「それでも光は、語りかける」 です・笑



物理学はもちろん、理数系が大の苦手だったわたしが、
カラーパンクチャーをきっかけに、こんなことまで知るようになってしまいました。

難しいことはわからないけれど、

もっと世界中の研究が進んで、
光のよい側面を引き出せるようになったら、と思います。


カラーセラピーをもっと突き進めて、
ライトセラピーの時代がやってくるんじゃないかな。


あなたは、どう思われますか?



次回は、さらに突っ込んで、カラーパンクチャーのお話をしますね。
色と光のパワーシリーズは、次回で一旦、終了予定です。

============================================
色と光でこころとカラダを癒す 「ホリスティック*カラーヒーリング」 メニュー案内やご予約はこちらまで
http://www.colorpuncture.info


カラーパンクチャーを主宰するHOLISTIC * BEAUTY STUDIOのメルマガはこちらです。(無料)
http://www.holisticbeauty.jp/hb/melmaga.html
スポンサーサイト



| カラーパンクチャー&色彩心理/視覚 | 15:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/tb.php/15-b31580d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT