気まぐれ魔女のホリスティック・ビューティ日記

五感で癒すこころとカラダ 「HOLISTIC * BEAUTY STUDIO」 から贈る日々のできごと。                            漢方、薬膳レシピ、アロマ、カラーセラピーなど “五感” を織りまぜてお届けします。

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒豆ゼリーでアンチエイジング


今日で、今月の気まぐれ魔女コースの開催ウィークは 終了♪
いつもながら、事故もなく無事に終えることができました。
みなさん、どうもありがとうございます!

来月は、ココナッツミルク石鹸です。
こちらもどうぞよろしくネ!
http://www.majyomajyo.com/mm/kongetu.htm




さてさて、こちらは
今月の 教室の終了後にお出ししたデザート。
黒豆ゼリー
今月は、黒豆ゼリーです。


お正月のおせち料理に欠かせない黒豆煮ですが、
わたしは、昔からこの黒豆煮が大好きで、

お正月に関係なく、ちょくちょく作るため
冬の教室のデザートに、よく登場します。




黒豆がカラダによいといわれるのは
その色素である 「アントシアニン」 のおかげ……といえば、
ははん と思い当たる方も多いのではないでしょうか?


そう、ブルーベリーに含まれる色素として
一躍有名 (?) になった、あの 「アントシアニン」 です。
黒豆、ブルーベリーのほかに、
紫芋やプルーン、カシス、葡萄などにも含まれていますね。


抗酸化物質であるポリフェノールの一種なので
わかりやすくいえば、
サビないカラダをつくるのに大活躍の色素です。
視力だけじゃないんですね!



もちろん、黒豆といえば、大豆の一種ですから
イソフラボンも、しっかり含まれています。


なので、アントシアニンとイソフラボン、
ふたつあわせて、女性のアンチエイジングの強い味方なのです♪



今年のゼリーは、ちょっと趣向をかえて、
黒糖と生姜で、味付けをしました。


ゆるゆるの寒天ベースと
固めのゼラチンベースを混ぜて
食感も 楽しんでもらえるようにしたのですが
気付いてもらえたかな???







読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  
スポンサーサイト

| 薬膳レシピ&漢方/味覚 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猪のレバー炒め

知る人ぞ知る……といっても
誰もご存知ないと思います・笑

が、

うちの実弟の 嫁さんの お父さんは
猟師さんなんですね。


その弟のお嫁さんは、とってもほっこりしたキャラなのですが
「姉さん、これ食べる~?? 好き~??」

と、いつもののんびり調子で、

猪の肉とレバーを送ってくれました。

彼女のお父さんが
射止めた猪を、その場でさばいて、冷凍した新鮮なお肉です。


で、うちの実妹……
ブログでお馴染みの、台湾に住んでいる妹妹(メイメイ)に話すと

「猪の肝~!!! そりゃ精がつくっしょ!!」
と、こちらは、いつものパキパキ・キャラで・笑


さて。
どれほど精がつくのか、わかりませんが
弟の嫁さんに、「どうしたら美味いのん?」と聞きつつ

猪の肝炒め に挑戦。
猪の肝
これ、猪の肝です。

おなじみの鶏の肝よりプリプリの感触で
弾力があるのが新鮮。

クセがあるそうで
「酒か牛乳にしばらく漬けたほうがいいよ」 と言うことなので

氷水に10分ほどさらした後、
に30分漬けました。


その後、
黒麻油に、親指大×2ほどの生姜のみじん切りをよく炒め、
そこに、小口に切った肝をあわせて
醤油と砂糖で、炒め煮。

最後に、少々のネギをあわせました。

猪のレバー

美味しい~!

酒に漬けたお蔭か、
たっぷりの生姜のお蔭か否か、定かではありませんが

私には、
クセもほとんど感じられることなく、

酒の肴にピッタリ~!! の美味。

そもそも、血の色そのものが
見慣れているスーパーの鶏の肝より鮮烈で
たぶん、素材そのものの新鮮さが美味しかったのだと思います。



で、続けて、猪の肉
猪の肉
どこの部位か、訊くのを忘れましたが

フライパンで、ごくごくフツーに焼きまして。
途中で、切ってみたところが、上の写真。


血もしたたるいいオトコ……ではなく・笑
やっぱり食べなれない肉はコワイので

この後、さらに軽くソテーして

塩、胡椒、花椒で、味をととのえました。

これも、美味し~!!!


「猪の肉はクセがないから、塩、胡椒だけで十分!!!」
と教えてもらっていたのですが、

思いつきで、花椒を加えたところ
香りがたって、大成功。


猪肉の栄養価やレシピに関しては
こちらのサイトが非常に詳しかったのですが、
http://www.ex.biwa.ne.jp/~hayazaki/inoshishiresiep.pdf

猪肉は、江戸中期の「和漢三才図会」には、
肌膚を補い、五臓を益する」 と記載されているそうで

体をあたためるほか
疲れをとって、元気を養ってくれることから


猪を食べることを 「薬食い」 と言っていたそうです。





ワタシ、これ以上元気になったら、どうなるんだろう? と
少々明日が心配です。



オ・マ・ケ
向日葵と梅十
猪肉を送ってくれた弟夫婦の
子供たち。

ついついこの間まで、赤ちゃん赤ちゃんしていた長女が
弟のできた途端、
お姉さん顔になっているのが、
なんとも不思議です。





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 薬膳レシピ&漢方/味覚 | 20:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤い薔薇と黄色い薔薇

昨日の気まぐれ魔女の手づくり石けん教室
夜クラスのみなさんには お話したのですが★




ずいぶん以前、この記事
教室の近くに新しくできた薔薇の専門店のことを
お伝えしましたが、

このお店、
時折 (毎日ではないそうです)、谷町筋側の角っこに
小さな机を出して
薔薇の切花を売るようになりました。


赤や黄色、ピンクなど、
その時々の薔薇を、自由に組み合わせて
10本 400円。

赤いバラ
お昼クラス終了後、外出した折に
思わず買い求めちゃいました。

赤一色でまとめて、スッキリと。


お店によって異なるけれど、
薔薇の花は、少なくとも 1本200円はするので
とってもお買い得ですね。




黄色いバラ
こちらは、2週間ほど前に飾っていた黄色い薔薇。

いただきものなのですが、
年明けから、薔薇とご縁があるような……




ちなみに、
赤い薔薇 の花言葉を調べてみると
「情熱、美、嬉しさ、貞操、愛情」などがあるそうで、

黄色い薔薇は、
「嫉妬、完璧な成就、愛の減少」 
だとか。





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 魔女のひとりごと | 21:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

使い残しのキャンドルを再利用

仕事で使った小道具のアロマキャンドルを
そのままスタイリストさんから頂戴しました。

オレンジ色のキャンドルは、探すのに苦労したそうで、
1本4000円もしたとか。

お風呂場に持ちこみ、
蝋燭の灯りでバスタイムを楽しんだのですが、
芯が短くなって、火がともせなくなりました。

キャンドル01
たぶん、どこのお家にも、
こうした使い残りのキャンドルがあるんじゃないかな……


こういう時は、残った本体の蝋(ロウ)の部分を
ボウルに入れ、

そのボウルを水をはった小鍋につけて (湯煎ですね)
鍋を弱火にかけながら、
完全に溶かし、

新たに、ガラスなどの容器に移し替えると、
ふたたび使えるようになります。


キャンドル02

芯は、太めのタコ糸を使用。


これを繰り返せば、蝋(ロウ)がなくなるまで、
しっかり使えます。


湯煎にかけている間も、
部屋中に、アロマの香りが広がって、
とっても幸せな気分です。





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 手作り石鹸&コスメ/触覚 | 22:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幸せ仲間

昨日、2009年 最初の気まぐれ魔女の手づくり石けん教室がありました。
気まぐれ魔女の手づくり石けん教室_1月
今月はめずらしく、日曜クラスが第1回目。
レシピは、ミルラ(没薬)石鹸 です。




そして、教室終了後は、
「美しく、生きる。」フェアに向けて、実行委員のミーティング。

昨年開催の模様は、こちらをどうぞ!
http://www.holistic-beauty.jp/hb/2008news/08_news5.html

今年の開催日は、5月16日(土)、17日(日)で、
まだまだ先なのですが、

昨年末から、7日~10日に一度のペースで
みんなで寄り集まっては、打合せを重ねています。

もちろん、みんなそれぞれに独立稼業を営んでいて、
個々のイベントなどもあわせ持っているし、

週に一度寄り集まる時間はもちろん
お互いに課題を持ち帰って、自宅でこなす ということの
繰り返しなのですが、


誰ひとり
「忙しいから……」
「大変だから……」
「わからないから……」
という言葉を口にしないのは、すごいなあ といつも感心させられます。

「じゃ、それ私がやっとくわ!」
と、いつもスムーズに 役割分担が決まるのも不思議。

とくに今年は、
私自身が台湾に一ヶ月行く関係で
チラシやHPの作成が前倒しになってしまったのですが
それも快く受け入れてもらって


打合せで、みんなと顔をあわせるたびに
こんな仲間に出会えて、幸せ者だなあ~ 」 と
あたたかい気持ちになります。


こうしたみんなのハートが以心伝心して
今年も、たくさんの人々に喜んでいたけるイベントになりますように!


バリの塩
写真は、実行委員のメンバー
Rojiroomさんからいただいたバリ旅行のお土産。


そうそう、
2月7日(土)には、このRojiroomの純子先生の
「正絹でつくる重ねバッグ」 のセミナーを開催します。

石鹸教室に参加経験のない方でも参加できるので
ご興味のある方は、ぜひお越しくださいね!

魔女×純子先生と一緒に、ほっこり和の時間を愉しみましょう♪

詳細はコチラ
http://www.majyomajyo.com/mm/majyokai.htm



読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 手作り石鹸&コスメ/触覚 | 20:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ココナッツミルク石けん

来月、2月の 気まぐれ魔女の手づくり石けん教室 の
気まぐれ魔女コースのレシピです。

ココナッツミルク石鹸
栄養たっぷりのココナッツミルク石鹸

真っ白で、みるからにクリーミィな石けんですが、
実はこれ、昨年の3月に仕込んだものなんですね。

およそ一年前。

ココナッツミルクは、
ココヤシという熱帯地方に育つ植物の実からとれるのですが、
この植物は、強い陽射しから自分を守るため
高い抗酸化力を持っているのです。

このため、石けんも長く保存できるんですね。
  (もちろん、各々の保管状況にもよりますが……)


また、バリなどのエステでよく使われていたり
化粧品の原料としてもポピュラーなことからもわかるように、
美容面でみても、
お肌に必要なミネラルやビタミンがたっぷり!!

老化の原因とされる過酸化脂質を抑制すると同時に
血行促進作用もあるといわれているビタミンE
しっかり含まれています。

そして、なんといっても
保湿力がバツグン!!



ちょうど手づくり石鹸の熟成がおわる春先は、

冬の疲れから 肌が栄養不足になったり、
乾燥したり、
紫外線を浴びる機会が多くなったりするので

この万能ココナッツ石けんは、大活躍です♪




ちなみに、気まぐれ魔女コースは
3月はおやすみなので、
この機会に、ぜひ仕込んでおいてくださいね!
魔女×魔女コースは、3月も実施予定です。

○気まぐれ魔女コースの日程などはコチラ
http://www.majyomajyo.com/mm/kongetu.htm




 今月の気まぐれ魔女コース=ミルラ(没薬)石けん
まだ若干空きがありますよ♪
気になる方は、ぜひどうぞ!

ミルラについてはコチラ
http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-343.html




読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 手作り石鹸&コスメ/触覚 | 16:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪景色

すでに日付変更線を超えましたが。
今日、土曜日は、東京出張の日でした。

写真は、新幹線の車窓のひとこま。
雪景色

今年は、寒い日が多いような気がするのは、
暖冬に慣れきった人間のワガママかもしれませんね。

とはいえ、
こうした雪景色を見ると、
きゅんと 心も身体も、ひきしまるようで なかなかによいものです。



セミナーでは、
「ブログ楽しみにしてますよ~」
「台湾でのお話、聞かせてくださいね~」
と、あたたかいお声をかけていただいて、

少しずつ、コミュニケーションが深まっていくのを実感。
ありがたいことだなあ~ と

こちらは、しみじみ ほっこりしました。



「始める」 ということも、かなりのパワーがいる作業ですが、
「続ける」 ということは、
それ以上に難しく、またそれゆえに、実りも大きいものだと思います。



とはいえ、
「これならできる」 ということを
ローテーションのように続けているだけでは
進歩も 成長も なくなってしまう。


なかなかにバランスの難しいものですね。



台湾でのケーキソープ展示会、
東京のみなさんにもいい報告ができますように!
しっかりチャレンジしてきますね~★






読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 魔女のひとりごと | 01:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葉蘭

先日、母から 手づくりのいわし寿司が送られてきました。

寒い時期なので、つくりたてを宅配便にあずけ、
翌朝、わたしの手元に届いた時には、
ひと晩ねかせたおかげで、酢がよくなじんでいる、という塩梅です。
葉蘭

お寿司の下の、緑の葉。
ご存知ですか?

実家の庭に生えている 葉蘭 (はらん) です。


お弁当や寿司屋でよく目にする
緑色のビニール製の仕切りは、
この植物をまねてつくられたもので 「バラン」 と濁って発音しますが、

本来は、
ユリ科の常緑多年草なんですね。

熊笹を使ったものもありますが
(それは 「切り笹」と呼ばれることが多いようです)

いずれも 殺菌、防臭効果があるので
昔から食べものを包むのに、よく利用されてきたそうです。





ビニール製のバランでは、
当然、そういった効果もないし、

飾り、という点においても
やっぱり生の植物の葉を添えているほうが
断然、食べものが美味しそうに見えるな、 と

包みを開けた瞬間、思いました。





「お寿司、届いたよ~」 と、母に電話をいれた際、
こんど実家に帰った折には
庭の葉蘭の株を分けてちょうだいね、
と ちゃっかり約束しました。





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 薬膳レシピ&漢方/味覚 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤小豆粥

ひさびさのブログ更新です。

体調を崩されたのではないですか? と
心あたたかいメールをいただき、
ご心配をおかけして、すみません。

いたって元気なのですが、
ケーキソープの台湾展示会で、2月末から1ヶ月ほど日本を離れる関係で
前後の仕事の準備に、ちょっとバタバタとしております。

昨年末から、ケーキソープづくしの日々で、
なんだか年が明けた気がしないのですが、
魔女の新年は、4月から! と一人で納得しています。



さてさて。

下の写真は、先日の【漢方ビューティ講座】
みんなにご賞味いただいた赤小豆粥

小豆がゆ

ほんのちょっぴり、一椀分ほど余ったので、
韓国のおもち「トッポギ」を加えて、おやつがわりにいただきました。

残りものゆえ、水気が少し足りませんが、
ビタミンたっぷりのかぼちゃ、さつまいもが入っているので
風邪の多いこの季節にピッタリですね。



【漢方ビューティ講座】では、
毎回、講座の最後に、
いろんな生薬をピックアップして、
それらの薬効や薬膳レシピを紹介すると同時に、
実際に、みんなに試食していただいています。

めずらしいもの、
あら、これも生薬だったの?という身近なものを
それぞれ織りまぜているのですが、

今回の主役は、身近な食べもの=小豆 です。
そう、実は、小豆も立派な生薬のひとつだったんですネ。




「生薬」「薬膳」というと
苦いもの、難しいもの、というイメージになりがちなので
実際に、味わっていただくことで
より身近なものに感じていただけたらな! 
と思ってます。



ちなみに、赤小豆粥に入れたトッポギ……
煮崩れしないのが、トッポギのいいところなのですが、

このお粥に関しては、
あの、お餅独特のトロリとした煮崩れ感の方が
ぴったり合うようで、私の好みではイマイチでした。

これもまた、学びのひとつ、ですね・笑






また遊びにきてネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 薬膳レシピ&漢方/味覚 | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

火の気をキレイに

お正月の帰省から戻ってきてからずっと
風邪ひきかけかな? かな? かな? という感じで

たいした症状も出てないわりに
アタマとカラダがぼーっとしてたのですが、

昨日、病院でビタミン剤の注射をしてもらい、
早めにお布団に入ったおかげか、ちょっとラクになりました★


大事にいたる前にケアしとかなくちゃね。



で、今日はほぼ一日中打合せだったのですが、
夜に東急ハンズに行って、

念願のガスホースを購入。

gasuho-su

昨年末のガス点検で、
「緊急ってほどではないですが、
 ややホースが古いので、早めに取り替えてくださいね~」
って言われておりまして、


しかも、
今年は、火の気の強い年 と聞いていたので、
ずっと気になっていたんですね~


考えてみれば、ガスコンロを買って以来、
一度も取り替えたことがなかったので、
10年ぶりかも……。






家のなかは、どこをとっても、
いつも清潔であるのが、なによりですが、

火の気の強い年は、とくに火気を扱う周りが汚れていると
運気ダウンになっちゃうそうですヨ。







毎日更新なので、また遊びにきてネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 魔女のひとりごと | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は、人日の節句

今日、1月7日は、「人日 じんじつ」 の日です。


あまり知られていませんが、

上巳(じょうし/3月3日) 
端午(たんご/5月5日) 
七夕(しちせき/7月7日)
重陽(ちょうよう/9月9日) 

とならんで、
五節句のひとつなんですよ。

それぞれ、季節にちなんだものを食して
お祓いをするという意味合いがあり、

上巳は、桃やよもぎ
端午は、菖蒲 (現代では、柏餅ですね)
七夕は、竹や瓜
重陽は、菊



となります。



で、1月7日の人日はというと……



みなさんご存知、「七草」ですね。
芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、はこべら、すずな、すずしろ、仏の座(ほとけのざ)。


小正月(1月15日)を迎えるにあたって身を祓う、
一年の無病息災を祈る、といった意味合いもありますが、

お正月の暴飲暴食で疲れた胃腸を休める、という
現実的な効用でも知られていますね。



ちなみに、
「人日 じんじつ」という呼称は、
1月1日から6日までは獣畜を占い、
7日には人を占うという中国の古い習慣からきているそうです。


具体的にいうと、

1月1日は、鶏の日、
2日は、狗(犬)の日
3日は、猪(豚)の日
4日は、羊の日
5日は、牛の日
6日は、馬の日


として、それぞれの日にはその動物を殺さないように、
つまり、その動物を尊んだり、

その日が晴天ならば吉、
雨天ならば凶の兆しとして、その一年を予測したりしていたそうです。

ちなみに、穀物は8日になります。



で、今日は、その「人日」にちなんで、
近所の生國魂神社で、 若菜卯枝祭(わかなうづえさい)がありました。

神様に、
七草のうちのひとつ 蘿蔔(すずしろ=大根)に
雌雄の松を差し立てた「島台(しまだい)」を献じ、

邪気を祓う卯杖(うづえ)=梅の枝を
奉納するお祭りです。


無病息災、災難厄除けの祈願ですね。



この「卯杖」。

自分の名前を記した枝に
梅の花が咲くと、その年は幸運に恵まれるのだとか。




魔女の枝は咲くかしらん。






毎日更新なので、また遊びにきてネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 薬膳レシピ&漢方/味覚 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人間至るところに青山あり

ちょっと遅いんですけど……
死の壁
『バカの壁 』にひき続き、
ようやく 『死の壁 』も読み終えました。

養老孟司さん、好きだわ~



タイトルからもわかるように
「死」についての著者の考えを綴った本なのですが、

ちょっと興味深いエピソード?が載っていました。



   『「人間」という単語は、日本に入ってきて初めて「ヒト」を指すようになった。』


んですって!


   『中国語での「人間」は、「じんかん」ということであって、
   「世間」を表します。
   「人間至るところに青山あり」というときは、こちらの意味に近い。
   これは現代の中国語でもそうです。』




人間至るところに青山あり とは、
誰でも聞いたことのある言葉だと思うのですが、

漢字のもつ意味合いが変わると、
受ける印象も、また微妙に違ってきますね。




本の主題そのものからは、少しそれてしまうかもしれませんが、
そうだったのかっ!!!
と、またまた唸ってしまいました。








毎日更新なので、また遊びにきてネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 心にとめたい言葉/聴覚 | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生まれたよ!

本日。

午後2時28分。

umeto


甥っ子誕生。





ハッピーバースディ♪
地球にようこそ!







毎日更新なので、また遊びにきてネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 魔女のひとりごと | 20:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信という字

このお正月、久々にゆっくり本を読みました。

『 孔子 』
孔子

読み終えてから、著者名をみると
井上靖さん でした。

『しろばんば』 や 『あすなろ物語』 で
小学生の頃に、お世話になった記憶がよみがえり、
そうか~ こんなのも書いてらしたんだ~ と、ちょっと意外。


後書きによると、井上靖さんの最後の長編だそうです。



随所に、心に留めておきたい言葉があって、

なかでも


『人が口から出す言葉というものは、
 “信じるもの”、“信じられるもの”でなければならない。

 それが故に

 “人”という字と“言”という字が組み合せられて、

 “信”という字はできている』



という一文に、

はああああ~ そうだったのかっ!!!!
と、しばし呆然。


しかも、この字は、紀元前1600年頃の中国・殷の時代に
すでに造られていたそうで、
亀甲などに彫り付けられていたそうです。




時代は変わっても、
人の摂理は変わらないってことなんでしょうね。




ウソ、言わないようにしよう。
と、単純ながらに、そう思いました。







毎日更新なので、また遊びにきてネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 心にとめたい言葉/聴覚 | 23:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰省

魔女の息子。
メエさん05

半年ほど会わなかったので
スッカリ忘れ去られている……と思っていたら、
メエさん06
会った瞬間、スキップして走りまわり、
夜もべったり、甘えん坊さんに。

ふたたびサヨナラを言うときは、
なんだか、子供を置いて出稼ぎに行く親の心境です。。。




魔女の娘。
みゃあ
もう80歳ほどでしょうか。

家族みんなが恐がる凶暴猫なのですが、
なぜか魔女には、やさしい。。。。




魔女の姪っ子。
ひまわり
カタコトを喋れるようになりました。


ひまわり02
魔女と姪っ子の合作。
葉っぱの城。




魔女のお婿さん (候補)。
ぜん
小学1年生にして、魔女との身長差24センチ。


ぜん02
パイロットになるのが夢です♪




よいお正月でした★


明日から、仕事っす!
がんばりまっせ!





毎日更新なので、また遊びにきてネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 魔女のひとりごと | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本場中国料理なら!

昨日の漢方ネタに続いて、
今日は、“おそとごはん” の中国料理編。

薬膳ではございませんが、中国でも東北地方の
本場中華が味わえるお店です。

中国人のご夫婦(たぶん)が
アットホームにやっているお店で、小さなビルの2階にあります。



最初は、「美しく、生きる。」の打合せ 兼 忘年会 で
行ったのですが、
その後、お仕事関係の忘年会でも、リピートしちゃいました!



まずは、羊肉や海鮮の炭火焼。
いろんなものを少しずつ始められるのがよいでしょ。
長江02
写真左の白い塊は、中国のパンのようなもの。
みんなは、すごく美味しいって言っていたのですが、
わたしには、うーん かな。
(個人的感想として、ここは正直に……)


長江01
が、羊肉や鶏の軟骨など、
串焼きだけでいろんなメニューがあり、自分たちで焼くのが楽しかったです♪

写真右の小皿にある調味料
クミン、唐辛子、ゴマを適宜、ふるかけて食べるのも◎。
このあたり、家庭のお料理の参考にもなりますね♪

同じく、写真右奥の水餃子も美味しかったです~!


長江03
これは、日本人にはめずらしい食材、
干した豆腐をつかった一品料理です。


長江04
えびチリをオーダーしたら、
こんなにデカイ。。。。。すごっ!!



お店はこちら!

●場所:本場中国料理 「長江」 ※HPのないお店です
    大阪市中央区宗右衛門町4-12春帆ビル2階
    電話/06-6213-8677




オ・マ・ケ
長江05
昨年最後の忘年会のあと。
熱唱タイムでございます。







毎日更新なので、また遊びにきてネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 薬膳レシピ&漢方/味覚 | 20:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デトックス漢方鍋

みなさん、お節料理を楽しんでいることと思いますが、

昨年の気まぐれ魔女の手づくり石けん教室忘年会でお出しした
魔女特製、デトックス・漢方鍋をちょこっと紹介……


基本的なつくり方は、
セミナーでお伝えしたレシピどおりなのですが、

ちょっとオプションとして、
昨年は、こんなものも加えてみました。
漢方鍋

左の赤い実は、枸杞子
鮮やかな赤色がキレイで、薬膳にはよく使われる生薬ですが、
肝や腎を保養したり、目によいとされています。

中国では、昔から不老長寿の食べ物によく使われていたんですよ!

最近の薬理研究でも、
子宮発達の促進免疫力アップなど
数々の効果が明らかになっているので

ドライフルーツがわりに毎日少しずつ食べるとよいかも!




その右上にある、フニャフニャな形が、川芎
セリ科の植物で、血行をよくする働きがあります。
このため、冷え症や月経痛、月経不順、などに◎!
婦人病、いわゆる血の道の薬の代表選手ですね!




川芎の下の板状のものが、当帰
こちらも、血を補ったり、流れをよくする働きがあるので
婦人病 (とくに月経関係) に、よく処方されます。
子宮の機能調整作用があるんですね。

消化吸収の悪い人にも◎。




そして、一番右側が、炒白芍

白芍(びゃくしゃく) と呼ばれることが多いのですが、
これまた、血を養う作用があるので、
生理不順や、生理痛、不正出血などに使われます。





以上をみていただくと、おわかりのとおり、

もともと、基本になってるデトックス漢方鍋には、
子宮に残った古い血を押し流す作用があるのですが、
そこに、婦人系の生薬をさらにプラスした

という感じなのあります。

        ※デトックス漢方鍋を食べていただいた方の感想は、
         コチラのページの末尾、「第1回目」に掲載してます。
         http://www.majyomajyo.com/mm/majyokai.htm 




これをグツグツ煮たてて……

漢方出汁

しっかり成分が出たところで漢方出汁の完成。
漢方出汁02



これを、鶏の手羽からとった、自家製のガラスープと混ぜて
後は、いつもどおりなのであります♪


見た目は去年と同じデトックス・漢方鍋ですが、
ちょこっとずつアレンジしてるんですね。 実は。。。。ふふふっ






毎日更新なので、また遊びにきてネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 薬膳レシピ&漢方/味覚 | 20:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明けまして、おめでとうございます♪

新年、あけましておめでとうございます


撮りためた写真から、
なんとなくお正月の雰囲気にあうものを……。

正月01
吉祥天女、かな?? 笑
あなたにも天女さまのご加護がありますように!

正月02
マンジの図形は、「幸運福来」の意味があるそうです。
あなたにも、たくさんの幸せがやってきますように!


富士山
ご存知、富士山。
あなたにとって、天晴れな一年でありますように!









この一年も、どうぞよろしくお願いいたします♪





毎日更新なので、また遊びにきてネ! 励ましポチもついでによろしくデス ↓
  

| 魔女のひとりごと | 01:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。