気まぐれ魔女のホリスティック・ビューティ日記

五感で癒すこころとカラダ 「HOLISTIC * BEAUTY STUDIO」 から贈る日々のできごと。                            漢方、薬膳レシピ、アロマ、カラーセラピーなど “五感” を織りまぜてお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾の八仙果 と 日本のゆべし

手作りの 「ゆべし」 です。
台湾の八仙果 と 日本のゆべし01
残念?ながら、私が作ったものではなく、
石鹸教室にお越しいただいているタカコさんのお友達が作られたもの。

ありがたく、おすそ分けをいただきました!


ゆべしは、
柚子の中身をくり抜き、その実と味噌なんかを
練り混ぜて、ふたたび柚子の器に入れ、
半年ほど熟成させたものです。

酒の肴になったり、和菓子になったり、
味付けはさまざまにあるようですが、

まさか“手作り”できるものとは思ってなくて、
ビックリしました。



ちなみに、こちらは 台湾の「八仙果」。
台湾の八仙果 と 日本のゆべし02
日本のゆべしと作り方は、ほぼ同じですが、

詰め物の中身は
漢方生薬や蜂蜜です。

さまざまな生薬のひとつに
薄荷(ハッカ)も含まれており、食べるとスーッとします。
いわゆるミント系ね。

喉によいので、
風邪の初期や、喉が痛むときに、
飴がわりに舐めますが、
台湾の八仙果 と 日本のゆべし03
私も、この味が大好きで
セミナー前後 (よく喋るので・笑) に、1~2個口にほうりこんで
リフレッシュしています。





おすそわけにいただいた
「日本の手作りゆべし」 は、
台湾の八仙果 と 日本のゆべし04
お味噌と柚子の香りが混じりあい、
八仙果とは、また違った風味。

和菓子のような甘みはほとんどなく、
ピーナッツなんかも練りこまれていて、
お菓子というよりも
副菜系のお味でした!!


ゆべしは、
古くからある保存食で、
江戸時代の料理書『料理物語』にも作り方が書かれているそうですが、
台湾の八仙果 と 日本のゆべし05
お国が変われば、
作り方、味わい方もまた違って、すごくおもしろいな~ と。。。。


なにより、
手作りできる方がいらっしゃるというのに
感動しました!


ということは……
八仙果も、手作りできるのかな???





【オマケ】

先日からスタートした
産経学園なんばパークス
産経学園なんばパークスさんの講座風景。

症状別の漢方入門 ということで
初回のテーマは 「冷え性」。

私も基本的には、冷え体質なので、
自宅にいるときは、くつ下2枚履き&毛糸パンツの愛用者です。

色気より健康第一ですから☆
はははっ



お越しいただいたみなさま、どうもありがとうございました!
短い間ですが
一緒に楽しみましょう♪





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  
スポンサーサイト

| 台湾いろいろ | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾の里芋のお酒

台湾行きの思い出話が ひと段落したと思ったら……

今度は、その台湾から留学生がやってまいりました☆
テイさんと里芋のお酒01
私が台湾で、ケーキソープの展示会をした時、
現地での石鹸教室の通訳を務めてくれたテイさんです。

とってもお世話になったので
ここぞ!とばかり、要らぬお節介をやいております・笑

日用品の買出しに行ったり、

ちらほら咲き始めた桜を求めて
久しぶりに大阪城に足を運んだり……

テイさんと里芋のお酒02
バタバタとあわただしい “大阪夏の陣” ならぬ
“春の陣” であります。

といっても、私自身が
けっこう楽しんでいるんですけどね☆




台湾に行くと、
いろんな人が、言葉のできない私を歓迎してくれるのですが、
ああ~ みんなこういう気持ちでいてくれるのかな~
と、逆の立場を、味わっています。

テイさんと里芋のお酒04
なかなかよく撮れた一枚。

旅先では、自分がシャッターを押してばかりで、
「自分の映っている写真」 が少なくなりがちなので、
一緒にいる時は
なるべくテイさんの写真を撮ってあげるようにしています。

思い出の一枚になりますように☆


どこからどーみても、
テイさんと里芋のお酒03
日本のしがないサラリーマン。
あはははははっ

あんまりエラソーに 世話を焼くので
テイさん、ふとした拍子に
私のことを

「お母さん」

と、呼んでました。。。。。。。


はははははっ





そうそう、
テイさんのお土産の
里芋のお酒 『芋晶香』 とパイナップルケーキ(金色の箱ね)
テイさんと里芋のお酒06
このお酒、なんと38度もあって、
しかも!!!!

「里芋(タロイモ)」の香りそのまんま!!!


あらゆる意味で、
す、すごすぎる。。。。

ジャンル的には
「泡盛」のノリかな~~

テイさんと里芋のお酒07
台湾でも、めずらしいお酒らしいので
飲兵衛さんは、ぜひチャレンジを☆





息子よ、
テイさんと里芋のお酒05
木曜の英語のテスト、
ちゃんと頑張りなさいよ!!!! 

                         母より




読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再見!台湾 & 喜上梅梢!

長~かった 台湾お土産話も、今回で、最終回!

毎年、ブログに思い出を綴りつつ、
途中でギブアップしていたのですが、

今回は、自分の備忘録もかねて
ひととおり書こうって決めたのね。

いやあ、長かった・笑
台南新幹線駅01
台南から桃園へ向かう新幹線の駅で。

寂しそうにみえますが、
実は、お腹が減ってたりして★
ははははっ



翌朝のフライトが、すごーく朝の早い便だったので、
前日に、桃園まで移動して、
空港近くのホテルへ泊ることになったのだけど、

台南市最後の食事は、
この新幹線の駅にあったラーメン屋さん。
台南新幹線駅02
う~~~ん、感想は。。。。。
ご想像どおりです。
はははははっ

次回、台湾に行く時は
なにか対策を考えねば!!!!



しかし、しかし!!
桃園で泊ったホテルは
すごーーーく、よかった!!!
空港ホテル01
Hotel Novotel
http://www.novotel.com/gb/hotel-6701-novotel-taipei-taoyuan-international-airport/index.shtml

外資系のホテルなのですが、
長らく台湾カラーに浸かっていただけに、
なんかこう「近代的」な香りに触れたようで、新鮮!!

やっぱりこういう空気も たまには必要ネ。


最近、OPENしたばかりで (リニューアルだったかな?)
設備も機能的だし、
アメニティも充実してるし、
エスプレッソマシーンまで置いてあったな。
空港ホテル02
お正月ということもあって、
ウエルカムの果物に、コインのチョコがお年玉袋に……。




空港ホテル03
一夜あけて、早朝のロビー前。

すぐそこに空港があって
発着する飛行機が見えます。
サービスの小型バスに乗って、空港まで約5分程度。

朝早く出発するのが惜しいくらい!
もうちょいホテルを満喫したかったな~~~

早朝フライトの方には、オススメですよ!





というわけで、
無事に日本に帰ってきたのですが (すでに一ヶ月近く経つけど★)


最後に、台湾の“おめでたい”図案 をひとつご紹介。
喜上梅梢01
喜上梅梢(シーサンメイサウ)。

これは、喜鵲(シーチュエ)というつがいの鳥が、
梅の枝にのっている図なのですが、

喜上梅梢02
梅(メイ)は、中国語で、眉(メイ)と
発音が同じなのですね。

なので、
喜びが梅にのっている=喜びが眉にのっている。

つまり、
幸せが(自分に)やってくる。という意味につながります。
喜上梅梢03
この木彫りを見つけたのは、
お正月の元旦 (それも、今年はバレンタインと重なった日)。

知人のお祝いのプレゼント用に
購入したのですが、

このブログを読んでくださったみなさんにも
幸せがやってきますように!

そして、
お世話になった台湾のみんな、
どうもありがとうございました!!!!
真的謝謝!!!





明日から、またふだんのブログに戻りますが、
また遊びにきてくださいね!

あ、いつものことながら お手数ですが
応援クリック↓も、お願いしまーす!!


読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 18:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南 辰星珈琲と黄黄(フォァンフォァン)

先日、台南県の関子嶺(かんしれい)温泉の近くで見かけたソーセージノキという、
ヘンな木を紹介しましたが、
これも、ヘンな木。
最後の日
暗くて、ごめんね~

薄曇の朝で、
なおかつ、実が 高いところになっていたので、
逆光でしか撮れなかったのだ。




明日は、いよいよ日本に帰るという日の朝です。

温泉巡りやお正月の諸々イベントも終了し、
のんびり~と過ごして、
夜には、空港近くの桃園まで新幹線で移動するだけ。


なので、ゆっくり朝寝坊をきめこもうと思っていたのですが、
なぜか早くに目が覚めたので、
散歩がてら、近くの珈琲店へ。
辰星珈琲01
はい、
魔女、スッピン・メガネにジャージ姿です。
ははははっ


お店の名前は 「辰星珈琲」。
http://www.estrellacoffee.com/web/
辰星珈琲02
今回は、いろんな珈琲屋さんを紹介しましたが、
こんな雰囲気のお店もあるわけです・笑
(ジャージで行くな!ってか すんません)

    ○ 山野農荘珈琲園
      http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-669.html
    ○ 唐崎珈琲
      http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-675.html


ここの珈琲も、なかなかこだわりが感じられておいしかったですよ~
ご主人は、自転車&(PCの)macファンで、
いろんな催しも開いているみたい。

朝タイムは、
パンなどの食べものの持ち込みもOKだそうで、
次回は、ぜひサンドイッチを持って、出かけたいな~


看板犬の黄黄(フォァンフォァン)。
辰星珈琲03
黄黄(フォァンフォァン)の後ろ足も、
かなりイケてますが、

魔女の足……
ビーサンに靴下。

これで、ワタクシの全体像がつかめたかと思いますが、
ご主人は、イヤな顔ひとつせず、
あたたかく迎えいれてくれたのであります。
(あ、朝早くて、他にお客さんいなかったからね)


辰星珈琲04

犬座り……
とでも、言うんでしょうか???








読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 18:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾のお弁当事情

そろろ台湾お土産話も終盤に……。
今日は、台湾のお弁当事情をちょこっとご紹介しますね。


というのも、お正月が明けて、2日目のお昼。
(日本でいえば、正月三が日の最終日)

王子が、お昼ごはんは
家でゆっくり食べよう~ と、お弁当を買ってきてくれたのですが、
コンビニ弁当01
コンビニ弁当・笑

はい、正月なので、お弁当屋さんが
みんな閉まっていたのであります!

でもま、ワタシにとっては
台湾のコンビニも、ものめずらしいもののひとつですから☆


写真、右奥が 通称「麻油鶏/マーヨウジー」 と呼ばれている鶏肉弁当。
パッケージには 「麻油鶏油飯」となってますね。
ゴマ油で、鶏肉を炒めて煮込んだものです。

手前が 「紅焼牛肉檜飯」。
牛肉を煮込んだシチューのような感じかな。

そして、カップに入った茶碗蒸しとサラダね。
コンビニ弁当02

唯一、「麻油鶏油飯」だけが
意外に (笑)、おいしかった~!!

もし、万一、台湾に出かけられて、
やむなくコンビニ弁当を手にせざるを得なくなったら、
ぜひ「麻油鶏油飯」をチョイスしてくださいませ。
ははははっ
コンビニ弁当03
ご飯も、もちもちしてたし、
鶏肉も、しっかり味がととのってましたよ。

やっぱ本場料理は、コンビニになっても美味いのかも。



で、
今回は、コンビニでしたが
通常は、こんなお弁当屋さんを、台湾のいたるところで
見かけることができます。
台湾のお弁当事情01
昨年、ピンちゃんとリンリンと一緒に出かけたお弁当屋さん。

お弁当屋さんといっても、
日本のようなレトルト感覚ではなく、

いわば、店内でつくったお料理を
「テイクアウト」する感じ。
店で食べるか、家で食べるか、という違いですね。
台湾のお弁当事情02
店先には、スープの大鍋があって
注文を待つ間に、
欲しい人は、自分ですくってナイロン袋に入れます。
(もちろん、家に帰ったら、器に移しかえますよ)

台湾のお弁当事情03
うーん、これは
豚肉弁当だったかな~ (よく覚えてない)

このときは、
4人分を買出しにいったので、まとめてこんな写真も。

手前が、魚のお弁当ね。
台湾のお弁当事情04
手前から二つめが
ミックス弁当。

うーん、こんなボリューム、誰が頼んだんだっけ????



そして、
「お弁当」スタイルではないけど、
こんな お持ち帰り専門店もあります。
「塩酥鶏」屋さん。
鶏料理屋さん01
店先に、メインとなる食材を並べ
注文に応じて、その場で調理してくれます。

たとえば、「ソーセージ」を選んで炒める場合、
副菜として一緒に炒めるお野菜は、
お店がテキトーにあわせてくれるわけ。

なので、けっこうボリューム出るのね。

鶏料理屋さん02
このお店は、昨年、私が一人で“お使い”にいったのだけど、
最初、システムがわからなくて、
じーっと、他のお客さんのすることを 眺めていたら、

店の人も、
通りすがりのお客さんも

「はい、どうぞ」 といって、
次々に、味見をさせてくれるのね。
(お客さんまで、自分の買ったものを!)

で、“おつかい”時間が
やけに長くなって、妹妹(メイメイ)に心配かけた思い出が……



こちらは、持って帰って お皿に並べ替えたところ。
妹妹のおにぎりを一緒に。
鶏料理屋さん03
コンビニは例外として、
日本のようなシステム&レトルト化されたお弁当屋さんじゃなくて、
こーゆー手作りお持ち帰り店が多いのも
台湾の特長じゃないかな~

台湾は、日本以上に働く女性が多いと
よく耳にしますが、
こういう外食事情も、女性を支えているんでしょうね。





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南 草花弄とポプラ

台南の孔子廟前の、お正月の出店で小腹を満たした後は……

妹妹(メイメイ)のアトリエ
フラワー教室をしている先生のお店を訪ねました。
屋台通り01
このお店の周辺も、ちょっとした屋台?が出ていて、
お正月のにぎわい。




お店の名前は 『草花弄。』

妹妹(メイメイ)のブログの方が、
お店の様子がよくわかるかな。。。。
http://almosttaiwan.blog5.fc2.com/blog-entry-339.html
屋台通り02


先生と妹妹(メイメイ)と3ショット。
すごく やさしそうな先生でしょ。
屋台通り03
先生とお会いするのは、これが二度目で、

昨年、ケーキソープの展示会を行ったときに、
北京ダッグを持って駆けつけてくれたのが最初。

その時も、ふと気がつけば
汚れたお皿をチャッチャと洗ってくれたりして、
細やかな心遣いが印象的だったのですが、
屋台通り04
今日も、 「はい、新年快楽~!」 と言って、
こんな素敵なプチ・プレゼント!

蘭の花でつくった手作りの一輪挿しです。



そして、店先の通りに出したテーブルで憩んでいたら、
「はい、お正月のお香~!」 と☆
屋台通り05
やっぱり、お花とむきあう人は、
神経が繊細なのかな。。。。


先生の教室はコチラ。
「創意花藝教室」
http://yukiworkshop.blog124.fc2.com/blog-entry-195.html



そして、もうひとつ。
この通りには、またまた昨年、お世話になった
カメラ小僧のシャオパンくんと、その友人たちが始めた屋台があるというので
「味見チェック!」 へ  笑

      カメラ小僧のシャオパンくん
      http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-400.html

屋台といっても……
屋台通り06
古い車を改造したオシャレな感じ。

名前が、カタカナで「ポプラ」ってのも、
日本人にとっては、懐かしい感じ!?

ちなみに、台湾では、よく 「ヘンな日本語」 に出会いますが、

日本でも、
英語圏のネイティブが読んだら
プッと吹き出しそうな英語が、いたるところにあるので
(悲しいかな、それには気づかないんですね~)

どこの国にいっても、
おたがいさまですね。


屋台通り07
さてさて、
ポプラで売られているのは……



シュークリームであります。
屋台通り08
苺&チョコとか、小豆とか、
味はいろいろ。

が、


むむっ。

味は、もうちょい研究の余地があるかも……
あははははっ

がんばれ、ポプラ!


ちなみに、こちらがパッケージ。
屋台通り07
シュークリームというより、

どーしても、
「シウマイ」に見えてしまうのは、ワタシだけ???






【オマケ】

 『草花弄。』 にちなんで、
今日の日本の “春” をお届けしましょう。

2010年3月
枝が高くて、よく見れなかったけど、
たぶん……桜!!
早咲きですね。

2010年3月チューリップ
チューリップは、今が真っ盛り!


でも、
つぼみの方が……
2010年3月チューリップ02

なんとなく春らしいかな。









読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南名物 安平の「芋粿」と「蚵仔煎」

昨日ご紹介した孔子廟の前の広場には
お正月の屋台特設ステージが出ていたので、
今日は、屋台料理のご紹介。

孔子廟の屋台01
といっても、ここでまたまた台湾名物?料理に遭遇するのだ。
ま、順番に……。

孔子廟の屋台02
みんなお正月ムードで、のんびり~
ホントにこの日は、天気がよくて、気持ちよかった!!

食べるつもりで出かけたわけじゃないんだけど、
この陽気につられて、

とりあえず、マンゴーかき氷……
孔子廟の屋台03
と思ったら、これは、うーん、

なんといったらよいのか、
アイスクリームを細ーく、細ーく、糸のように絞りだして
かき氷風に盛り付けしたものでした。
孔子廟の屋台04
食感がね、
フツーのアイスと違って、ふわっと口のなかで溶ける感じで
なめらか~~

青空の下のアイスは格別だな!



で、このアイスで
食欲に火がつきまして。
孔子廟の屋台05
台南市の料理店「安平貴記」の出店で遭遇したのが、

これまた 台南料理のひとつ。
「芋粿」。
タロ芋と豚肉をかさねて、お餅みたいに焼いたものです。
孔子廟の屋台06
すんごい大きな鉄板でしょ。

ひし型に切ってもらって、
甘いタレをかけて食べるんだけど、

タロ芋の粘りのある柔らかさのなかに、
豚肉の旨みが溶け込んで、よかった!

「美味しい、美味しい」と食べてたら、
「これよりも、もっと美味い店がある!」 そうな。

孔子廟の屋台07

まあ、私の口では、
店比べの批評ができるほど、経験がないので、
大きく、好みの料理系か否か、ということで。
ははははっ

今回、食べた台南料理は、どれも美味しかったな~
とくに、コレとか。



そして、ふっと「芋粿」の隣をみると……
なんだか、懐かしい手つき・笑
孔子廟の屋台07
台湾風の、まあいえば「お好み焼き」だって!!

こんなところで、ソース系に出逢うとは!!!!
はははははっ


キャベツは入ってなくて、
牡蠣ともやし、卵、片栗粉少々を混ぜ合わせて
ソースで食べる「安平蚵仔煎」です。
孔子廟の屋台08
お好み焼きもいいけど、
こっちは、粉がすくないぶん、お腹にもたれなくて、
小腹が空いたときに、ちょうどいい感じ。

ま、この材料でマズイわけないっしょ。
って感じですな!





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾最古の孔子廟

お正月(元旦)の翌日、
つまり2月15日は、のんびり台南市をぶらぶら……

まず最初に立ち寄ったのは、「孔子廟」。
孔子廟01
すごーく、お天気のよい日で
半袖シャツ一枚でぶらぶらしている人も多く、
お正月の、のんびり気分が周囲を包んでいました。


孔子廟02
蓮の花。

そういえば、年夜飯で食べたちまきも、
蓮の葉で包まれてたな~
(写真ボケボケで掲載できませんでしたけど☆)


孔子廟03
四葉のクローバーだらけ!!!

ほんとに、クローバーなんだろうか?
これだと。。。。
ちょっと希少価値が下がるような気がする。。。。笑




実は、何度も台湾に足を運びながら、
かの有名な「孔子廟」に、立ち寄ったのは、今回がはじめてなのです。
孔子廟04
いつも、漢方街やスーパーマーケット、市場、食べもの屋に追われて
(食関係ばっかりだな。。。)

旧跡名所は、後回しだったのネ。
ははははっ



実は、孔子廟はいたるところにあって、
中国や台湾にも当然あるけど、
日本の東京にもあるし、
ベトナムにもあるし、マレーシアにもあるし、タイにもあるんですよね。。。

孔子さん、すごいな~~~

って、
そりゃまあ 当然かな。
釈迦、キリストと一緒に並べられる「世界三聖」のお一人ですもんネ。
孔子廟06
台湾のなかでも、各地に孔子廟があるのですが、
ココ台南の孔子廟は、そのなかでも最古のお廟だとされています。

建立されたのは 1666年で、
       (あ、すごい! ニュートンが光学の発見をしたのと同じ年だ!)
当時は、台南が、台湾の政治の中心で、
この孔子廟が、台湾での最高学府となっていたそうです。

つまり、「台湾で最初の学校」 という意味らしい。

    詳しくは、コチラ。
    http://www.tabitabi-taipei.com/more/2004/1109/index.html

孔子廟07
孔子のうみだした儒教が、
ひとつの学問体系として日本に広まったのは、
江戸時代だといわれていますが、

たまたま先日読んだ、司馬遼太郎さんの本に、
江戸時代の佐賀藩の「弘道館」のことが書かれていました。



ちょっと話はズレますが……
この「弘道館」は、佐賀藩の武家の子供を対象にした、今でいう“学校”で、

当時の学問というのが、この孔子のうんだ儒教だったんですね。
儒教といっても、細かな派閥がありますが、
「弘道館」が採用していたのは、朱子学だったそうです。

で、読んでビックリしたのが、

6、7歳になると強制入学させられ、卒業がなんと26、27歳!
今でいうと、小学生から大学まで、
ずーーーーっと (本人の希望に関係なく) 学び続けるんですよ~

すごいな!!

しかも、その間、各過程を落第すると、
先祖代々続いてきた家 (武家ですから) の家禄が、8割カット!!!!

こりゃもう、子供の教育問題というより
一家の生き延びがかかってる大問題ですよ。
はああああ~


孔子廟08
まあ、難しいことはヌキにして・笑

孔子廟は、その周辺もふくめて
ぶらぶら散策するには、すごくよいところでしたよ!



廟のなかには、古い額や楽器、道具なども置かれてあり、
なかでも、コレにひかれた。。。。。
孔子廟07
虎の背中のぼこぼこを、棒で撫でる楽器。




この前日に立ち寄ったデパートのショウウインドウと、
アタマのなかで妙にリンクしちゃってさ!

ほら。
新光三越

今年、寅年だから。。。。。。ねっ!







読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 18:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南のタイ☆スポットへ潜入!? & 萬應白花油

さて、大晦日の豪華な年夜飯を食べた翌日、

つまりは2月14日の元旦ですね!
この日の夕飯は、なぜかタイ料理なのです。
わははははっ

台湾では、年夜飯がメインになるので、
「元旦には、何を食べるの~」と聞いたら、
「年夜飯の残りもの」という、アッサリした答えが。

日本で、元旦の翌日から 「またお節料理~?」 と
ブーイングがはじまるのと、よく似てます・笑

私たちは、趣向を変えて、タイ料理。
(で、この後で、初詣の拝拝に行ったのだ☆)
タイ料理01
台南市の一角に、タイの国の人が、よく集まる地域があって、
コックさんも、
お客さんも、
当然ながら、タイ人がほとんど。

味も、もちろん本格的!!

ということで、とある夜の晩餐に、タイ料理を食べにいってきました。

タイ料理02
案内役のポーさん。

彼は、イギリス人ですが、
子供の頃、ご両親の仕事の関係でタイに住んでいた経験があり、
タイ料理にはうるさいのだ。
タイ料理03
そのポーさんお墨みつきのお店。

待ち合わせをしたんだけど、
「店の名前?はああ~~~ 看板もなにもないからねえ~~~」
ってなノリで、
近くのコンビニで待ち合わせ。

小さなお店で、調理場は、店の外。
タイ料理04

注文方法は、台湾のよくあるパターンと同じで
メニュー表にチェックを入れていきます。
タイ料理05

タイ料理といえば……の、トムヤンクンをメインに
2~3品をいただきましたが、
たしかに、美味しかった!!!
タイ料理06
台湾料理に飽きたら、
ここもいいかもね~

でも、たぶん、道案内ナシには、二度といけない。。。。




そして、お腹がいっぱいになった後、
店の近くの小さな雑貨屋さんへ。
タイ料理07
タイ料理の素材を中心に、
タイのDVDや雑誌など、
タイ一色の店内。

とにかく異国に住んでいるタイ人にとっては
なくてはならないお店なんでしょうね。

が、しかし!!!!!


ここで魔女が発見したのは……
タイだらけ!のなかの、唯一の台湾グッズ!
タイ料理08
これも、パッケージ買い~~~~!

かわゆい~~~!!!

ボケ写真なので、再度、アップでどうぞ。
タイ料理09
いやあ、こういうレトロ系デザイン、好きだな~~~

と、ひしひし眺めていたら

妹妹(メイメイ)が、耳元で
「それ、虫刺されにいいよ~」 と。

もちろん、台湾にも現代的?な虫刺されに効く薬はあるのですが、
これは昔からのロングセラーで
今でも、根強いファンがいるそうです。

台湾も、暑い国なので
蚊が多いし、無駄になるもんじゃないし。ということで。
タイ料理10
萬應白花油、ワタクシのものとなりました! うぁ~い♪♪

見えますか?
パッケージの箱の裏まで、朱色でデザインが……
瓶のラベルも、浮き彫りの文字もナイスであります!!

頭痛の時に、こめかみに塗ったり、
筋肉痛にもいけるらしい。

詳しくはコチラ。
  http://www.ecolusso.jp/item/catalog.cgi?src=white_oil.html
       ↑ いやあ、なかなかしっかり製造されておりますな!




タイ人も、萬應白花油だけは手放せないのかも!




読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 18:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾のお正月 魔女の誕生日のヒミツ

さて、さて、
昨日の 【台湾の初詣】 の続きです。

お線香もすべてなくなり、
通常であれば、
拝拝(パイパイ)は、 これで 「ハイ、オワリ」 となるのですが
王子が 「まだだっ!!!」 と。



で、ひっぱっていかれたのがコチラ。
【光明燈、太歳燈 受付係】とでも、申しましょうか。。。。
初詣09
問題は、【太歳燈】 の方でありまして☆

ちょっと説明が、長くなりますが、

太歳というのは、木星のことなんですね。

木星は、中国の古い占星術のなかでは「吉星」にあたるのですが、
吉星だけに、居るべき場所に居ないと、
逆に、大きな禍ともたらすといわれている星なのです。

なので、風水の家相学などによると、
その年の、“太歳星”の居るべき方位は、
改築や増床などを慎むべし! といういわれがあります。
(ようは、吉星の神様の住む場所を侵すな!ということですね)


で。


ここまでは、
私自身、中医学の陰陽五行の関連で
予備知識を持っていたのですが


王子いわく
今年の私は、太歳君の星にあたるから厄払いをしなさい! と。
太歳君
ほおおおおおお~~

太歳君は、風水の家相学だけでなく、
日本でいうところの 「厄年」 にも関連するのか! 
こりゃ、私の予備知識が増えるな!

と内心、「お勉強」のつもりでいそいそと、
受付へ。



そうして、わけのわからんまま、
渡されたピンクの紙に、氏名やら住所やら出生日時を書きます。
初詣10
この申請用紙と代金1000元 (日本でいうと祈祷料みたいなもんですね) を渡すと、
【太歳燈】をひとつ
自分のために 一年間、灯してくれるそうです。

【太歳燈】は、日本でいう「厄払い」のための燈(あかり)で、
古くは、蝋燭であったものが
今では、安全性のため電灯に変わってるそうです。

一年間、自分のために、
ずーっと燈がともってるって、
なんか、うれしくないですか??? (私はうれしい!!!・笑)




日本では、厄年のときにも、
特別なご祈祷などは一切ムシしてきたワタクシですが
興味津々で、
ピンクの申請用紙を渡すと、


受付けのお姉さんが、私の出生日時を見て……
(ここから先がビックリした!!!)
太歳燈02

「すごく、めずらしい誕生日ですねえ!」 と。


なんでも、
私が生まれた年月は、
ちょうど、太陰暦でみると「閏月」にあたるそうなのです。

で、本当の私の誕生日は、
生まれてからまだ 「2回」 しか巡ってきてないですよ! と。


私……2歳なんだ……!!!


そして、王子の細密な計算によると、
次の「本当の」誕生日は


「2044年」!!!!

3歳のハッピー☆バースデイ!!!!






この瞬間、私の背後では
「やっぱり魔女(=モーニー)だわ」 という ささやき声が。。。。

初詣11
私の驚きをよそに、
さわやかな笑顔で、【太歳燈】申込みの オマケ?のような
米粒と素麺を渡してくれる受付嬢。


このお米は、「厄除け」 にかわるもので、
ふだんのお米に混ぜて食す、というもの。
なかに、お金が入っていて、
それは護身用のお守りとして、身につけるものだそうです。




翌日、玄米と一緒に炊いて
王子とともに食べましたとも、もちろん!
初詣12

で、こちら↓が素麺。
これもですね、先日の猪鍋のお持ち帰りに混ぜ合わせて
王子がアレンジしてくれたので、
めでたい?玄米ご飯と一緒に、いただきました。
初詣13
いやあ、私、
2歳だったんだ。。。。。。

どおりでな~~~

いたるところで、
世間様にご迷惑をおかけしてますが、
なんつったって、2歳なんですから!!!

と、妙な言い訳が…… 
あはははははっ



太歳燈01
こちらは、
後日、王子が 私の【太歳燈】 を探しに
お廟に行ってくれた時の写真です。


太歳燈02

このなかの、ひとつが、
私の名前を、今も、灯してくれてるんですね。


この一年もつつがなく、
2歳の私を見守ってくれますように!




いやあ~
どおりで精神年齢、低いはずだわ!
ナットク、ナットク!!





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾のお正月★初詣 

王子一家にあたたかく迎えられて、
妹妹(メイメイ)とともに、年夜飯のご馳走をいただいた翌日!

いよいよ初詣であります!
初詣01
こちら、お廟前に並ぶ、
拝拝(パイパイ/おまいりのこと)グッズの出店。

え~
まず順番に★

拝拝をするには、まず神様へのお供えものを買います。
初詣02

まずは、神様へのお供え用の「お金」。
つまり、お賽銭を投げるかわりに、ここで「神様用のお金」を用意するわけね。
初詣03
いやあ、それにしても大金ですわ!
山のようですもん!

で、この神様のお金には、
お菓子が3つ、セットでついてくるのですが、

これは、数種類あるお菓子のなかから、好きなものを選べます。
初詣04
拝拝した後のおさがりのお菓子は
食べることになるので、みんなそれぞれ自分の好みでチョイスし、
お金に挟みます。

もうひとつ、セットになっているのがお線香。
初詣05
お廟の前の台の上に、
一旦、お菓子付きの神様のお金を置き、

このお線香だけを持って、お廟のなかへ。




日本の大きな神社と同じく、
お廟には、たくさんの神様がいるので、
順番に、お祈りしては……
初詣07

手に持った線香のうち、
3本だけを、線香入れ?のなかに入れていきます。
初詣08

線香「立て」というより、
投げ入れる感じの大きなツボなので
線香「入れ」と、勝手に呼んでます・笑
初詣06
この所作を、
お廟のなかをぐるぐる回遊しながら、
その場所、その場所で繰り返すわけです。

最後に、線香が残り3本になったら、
ちょうどそれが本堂?の前、というわけ。
初詣08
すごい、きらびやか~~~

台湾の神様は、キラキラ好きなのネ。
(わたしと一緒だ! 笑)


火のついた線香を持ち歩くので、
なれないうちは、人とすれ違うのにドキドキしますが、
みんな、けっこうスムーズにひょいひょい歩いていきます。


これ。。。。
初詣14
ゴミのようですけど、
みんなが拝拝した後の「神様のお金」の山。

まあ、日本でも、えべっさんの笹の葉とか、
ふだん気づかなくても、相当量になってるんでしょうね。
どこの国でも、同じですね。



さてさて。
こちらは、神様にお供えした後の、おさがりのお菓子。

妹妹と王子は、慣れたもので 好みの「味」で選んでましたが、
ワタシは、味がわからないので いわゆるパッケージ買い。
(あ、写真には無い3つめは、フツーのウエハースのお菓子をチョイスしました)
拝拝のお菓子01
写真右の 「平安餅」 の方には、
「拝拝敬神普渡聖品」 とシンプルに書かれているだけですが、

左の「賜福餅」の方には、
「拝拝聖品」 と 「祈安招財」 という記載以外にも、

「廟字是台湾人的文教聖地興信仰中心
神霊之教化、皆以勧善為目的
以孝為先、以徳為本
傳承先民之文化興精神
因感應之深、遂製此餅
護持善念
所有善男信女、闔家平安、財源廣進」  という文字デザインが……。

拝拝のお菓子02
いわゆる、お供え用に、パッケージも専用デザインなんですね。

このお菓子、封をあけると
ごくごくフツーのクッキーだったのですが、
食べると、縁起よさそうじゃありませんこと?






さてさて、
ここまでが、フツーの初詣の拝拝ですが、
実は、まだ続きがあるのです。。。

魔女の誕生日のヒミツ?が明かされる……
(てな、大袈裟なものではないですが)

長くなったので、
そのお話は、また明日ね!






読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾の大晦日★年夜飯

はい~ 関子嶺から戻った、その当日の夜。

この日は、台湾(旧暦)の大晦日!
むこうでは、「除夕」といいます。



なんで「除夕」と呼ぶかというと…… いろいろサイトで調べたところ、

その昔 「夕」という化け物がおり、
人々の家を荒らしまわっていたそうです。

困った村人が、神様にお願いをしたところ、
「夕」の苦手なものは、 「赤い色、大きな音、炎」 だと教えてもらいました。

そこで、それらを用意して、「夕」を追い払い、
それをお祝いしたのが、 「除夕」のはじまりで、
それがそのまま新年を祝うための風俗習慣として残った……そうです。

年夜飯01
なので、お正月には
赤い色の服を着た人が多く、
家の前にも春聯(しゅんれん) という赤い紙が貼られたり、
爆竹をたいたりするようです。

上の写真は、台南市のホテル「大億麗緻酒店」のロビー。
      ○大億麗緻酒店
       http://www.pelican-travel.net/hotelinfo.php?frCd=taiwan&htlCd=TAN_TAYIH

赤色がキレイですね。




日本では、お正月のごちそうというと、
元旦に食べるおせち料理ですが、

こちら台湾では、大晦日の除夕の晩御飯がメインになります。
(これを年夜飯といいますが……)
家族そろって、(昔は)夜通し、のんびり、食べ続けるそうですが、

「紅白を見ながら、夜通しちょびちょび……」という
日本の風習と、少し似てるかな!


私にとって、初めての「年夜飯」は、
この「大億麗緻酒店」で、妹妹(メイメイ)と一緒に
王子の家族にお呼ばれすることになりました。
年夜飯02
昔の風習では、年夜飯は、
一家揃って、みんなで餃子をつくって食べる……らしいのですが、

日本(というか、世界的に、かな?)と同じで
現代では、一家揃って外食、というケースが多いようで、
予約が遅れると、席がとれないのだとか!


じゃじゃ~ん!
これが、その年夜飯!

テーブルも赤!!
年夜飯04
総勢8名の食卓ですが、
とっても豪華なお料理の数々!


その一部をご紹介すると……

年夜飯05
前菜の「鵝肝巻四色拼盤」。
フォアグラ巻きと他四品の盛り合わせ。

私ね。。。
だいたいどこで、どんなコース料理を食べても、
前菜が、一番のお気に入りになることが多いのね。
なんでだろ?

今回の前菜も、すっごく美味しかった!


年夜飯06
これは、「海味雪蛤春勾翅」。
フカヒレと蛤のスープです。


年夜飯07
これは、「紅焼鳳眼果鮑角」。

「蘋婆/ピンポー」とサイコロ状に切ったアワビの煮物。
だいたい、サイコロ状のものは「角」と表現するらしい。

「蘋婆/ピンポー」 は、Sterculia nobilisという
アオギリ科の植物で、中国南部が原産だそうです。

そのカタチから、「鳳眼果」とも呼ばれ、
栗のような、卵の黄身のような……ほっこりした食感。

       ○「蘋婆/ピンポー」については、コチラ。
        http://www.sebg.co.jp/curator/archv/2006/09/post_371.html
        http://tree.cycu.org/?%E7%AC%AC%E4%B8%89%E5%86%8A:%E8%98%8B%E5%A9%86


ほかにもいろいろあって、
全部で10品ほど平らげたのですが、

メインディッシュはコレ!!
年夜飯07
「紅焼松子海上鮮」。

スズキの丸焼きです。
まあ、“焼き”というより、揚げたものに、
野菜あんかけスープをかけた感じかな!

台湾の年夜飯では、
かならず「魚まるまる一匹」料理をかならず加えるそうです。

で、もちろん家族みんなで分け合って食べるのですが
ここがポイント!
「全部を食べ切らず、少し残す」 ことによって
「新しい一年も、余裕をもって過ごせ」 るように、なるんだって!


日本でも、
煮しめの蓮根を食べたら、見通しがよくなるとか
言いますよね!?
あんな感じの“いわれ”があるようです。



で。。。。。。。



すごく美味しかったので。。。。。。



ワタシ、最後にお皿に残った 魚のアタマまで
がっつり食べ切ったんだよね。。。。。。


いやあ、
王子のパパママも「気にせず、食べていいんだよ~」って言ってくれるし、
海外に出たら、とにかくなんでもチャレンジ!精神だし (言い訳・汗)

小声で 「いいのかなあ~ いいのかなあ~」 と
隣の妹妹(メイメイ)に聞きながら、
箸と口は、しっかり動いてました。
ははははははっ


残り福は、私の胃袋におさまったということで!!




さて、年夜飯の後は、
王子のパパママのお家で、ゆっくりお茶タイム。

さしずめ、“紅白を見ながらゆっくり家族団らんタイム”というところ。
年夜飯08
あ、もちろん、紅白そのものは見ませんでしたけど☆

王子パパ愛蔵の、仏像さまも、
お正月のお供えがしてありました。
年夜飯08

いよいよ、新年=春 なんですね。
年夜飯09

とても楽しいひとときを
どうもありがとうございました!

遅ればせながら……
新年恭禧発大財!

みなさんの、この一年のご多幸を心よりお祈りいたします♪





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

関子嶺の唐崎珈琲 ~龍眼の木と珈琲の木~

さて、しばらく続いた 台湾の泥温泉・関子嶺の<観光スポット編>ですが
このシリーズは、今日で最後。

昨日、ご紹介した孚佑宮(仙公廟)の前にある珈琲屋さんです。


店名は 「唐崎珈琲」。
あるいは、ご主人の名前をとって 「世賢珈琲」とも。
http://www.ds-coffee.org.tw/show_detail.asp?t_id=12
東山有機珈琲01
このあたりは、珈琲の栽培がさかんで、
たいていのカフェが、自家農園の珈琲豆を飲ませてくれるのです。

お店は、吹きさらしの板張りロッジ風で、
山の頂き近くならではの
景色のよさが自慢!かな。

晴れた日には、
ここで読書したり、
書類仕事をしたらはかどるだろうな~~~
東山有機珈琲02


この日は、霧が深かったので、
ご覧のとおり、水墨画のような世界。
これまた風流で、よろしいですな!
東山有機珈琲03

小腹が空いたので、
ピーナッツバターを塗った食パンと
山葡萄のあたたかい飲み物を注文。
東山有機珈琲04
山葡萄には、
ポリフェノール、鉄、カルシウム、リンゴ酸 などなど
さまざまな栄養分が含まれていて、
疲労回復や抗酸化によいらしいですが、

とくに、この種がいいらしい。

カップの底に残った種。  ボケてますけど☆
東山有機珈琲05
味は、葡萄ジュースよりちょっと酸味が勝っている程度で、
「あんまり変わった味のものは、ちょっと……」というタイプの人でも
抵抗なく美味しくいただけると思いますよ!

ま、大雑把にいえば
「葡萄ジュース」ですから、当然ですけどね・笑





カフェの1Fにおりて (トイレがある)
周囲をちょこっと探検?
東山有機珈琲07
手前の黄色いフサフサがついている木が、珈琲の木。
奥の幹が見えている木が、龍眼の木。


なんだか、すごーく自然に、
まるで雑草 (草じゃないけど) のように、
そこらの土手に生えているのがオモシロイ。

東山有機珈琲08
珈琲の豆が、ちょこっと残ってますね。
(中央の黒い粒)。


東山有機珈琲09
こちらは、地面に落ちている龍眼。


土地の人にとっては、
ごく日常の風景なんだろうけど、
私にとっては、「めずらしい」木が、こんなところに~! ってノリで
ひとつひとつに目をみはってしまいます。

今回は、龍眼の花のお茶も飲んだし、
樹木そのものも見ることができたし、
すごーく、いい知識の裏づけができたな!

どうも、ありがとう!




さてさて、山葡萄で一服したら
あとは、またまた車でひたすら、山を降り、台南市へ戻ることに。

帰りのドライブ途中で遭遇した パイナップル畑。
東山有機珈琲09
やっぱり南国だわ! 笑



実は、この日は、
旧暦の大晦日なんだよね!

家に帰ったら、大晦日のご馳走が待っているのだ~~~♪






【オマケ】

珈琲の花。
珈琲の花
私が行った時(2月中旬)には咲いていませんでしたが、
その半月後には、
こんな花が咲いていたそうです。









読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 18:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

関子嶺の孚佑宮(仙公廟)

今日もひき続き、
台湾・台南県にある泥温泉/関子嶺近くのご紹介の続きです♪



水火同源を発った後は、さらに山頂へ車を走らせ、
「大仙廟」へ。
仙公01
こんなに深い霧。

晴れ渡った日は、遠く景色を眺められてキレイだろうと思うのですが、
この深い霧も、
なんだか幻想的な雰囲気がして、すごくよかったですよ。



孚佑宮(仙公廟)の後ろにそびえる枕頭山にも
霧がかかり、
仙公02
お正月直前で人気のないこととあわせて、
ひっそりと厳かな感じでしょ。

台湾には 俗に 「仙公廟」 と呼ばれるお廟が
いくつもあるのですが、

ここ、孚佑宮(仙公廟)は、それら仙公廟のなかでも
おおもとにあたる “祖廟” です。
仙公03
まつられているのは、「呂 洞賓/りょ どうひん」と呼ばれる
中国の代表的な仙人。
八仙の一人で、呂祖(りょそ)とも呼ぶそうですが、

実際に、存在したかどうかは???


旧暦四月十四日の
「呂 洞賓」=「孚佑帝君」 の誕生日前後には、
他のところに分霊された仙公が、この孚佑宮(仙公廟)に集まってくるそうで、
非常に賑やかになるそうです。

今日は、ひっそりだけど
願掛けのお札も、こんなにたくさん!
仙公04
日本の絵馬のようなものですが、
ここでは、キラキラの金紙。

台湾のお廟は、ほんとうにきらびやかで、
キラキラ好きのわたしにとっては
心休まる場所なのであります。笑




ほかにも、
いろんな神様?がいらっしゃって、
こちらは、勉学の神様。
仙公05
片足でカエルを踏んずけて、
片手には筆のようなものを持っています。

ディティールは少々違っていても、
だいたいこんな図案の像は、勉学の神様ということになります。



小さくてわかりにくいけど、
千手観音さんのような斗姥元君。
仙公06
斗母元君(とぼげんくん)とも言い、
道教の神様で、日・月・星辰を統治し、北斗星の母だそうな。

   道教の神さまは、こちらのHPをご参考に☆
   http://www.taoizm-fengsui-seiryudo.com/?mode=f6


道教も、すごく奥が深いよね。。。

中医学の勉強で、陰陽五行をまなんだ際に、
その裾野として、
太歳信仰のことなどもかじったけれど、
まだまだ聞きかじり程度。

また時間のできた時に、
ゆっくり勉強してみたいなって思います。




あ、そうそう
今回はじめて経験した 台湾のお正月では、
後でまた、ゆっくり“初詣”の思い出話をしますね~~

今日は、お廟 <その一> ということで☆





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾・関子嶺 一番興奮?したお買い物!

さて、昨日の 「水火同源」 の近くにある
小さなお土産もの屋さんのご紹介です。
関子嶺07

実は、今回の台湾行きで、
一番興奮した お買い物がココだったのだ☆

毎回、台北の漢方街がマイ・ベスト・ショッピングなんだけど、
今回は、正月前の異常な出店で(笑)
ゆっくり物色できなかったので☆
ま、それはそれで、いい経験になったんだけどね!


そうそう、お買い物話の前に……
関子嶺09
すごーく、あたたかく迎えてくれたお店のおばあちゃま。

店先で作っているのは、
台湾のさつまいもとかぼちゃの大学芋。
関子嶺10
左の大皿が、かぼちゃ。

かぼちゃも、いわゆる「大学芋」にしちゃうんですよ。


へええええ~~

と思いながら、通りすぎようとすると、
なんと、味見で 「1個まるまる」 いただいちゃいました!!


おばあちゃま、ありがとう~~!
関子嶺13
ほんの数軒の土産屋さんなので
商品もほぼ同じなのですが、
ここはやっぱり、「おばあちゃま」のところで買わねば!


ということで。

はい、まずは 「無患子」。
関子嶺12
ムクロジの種子といえば、わかるかな???

英名では、ソープナッツsoapnut。

そう、“石けんの実” なんですよ~~~!!!!!!!

こんなところで 「石鹸の原点」に出逢うとは☆
まさしく、気まぐれ魔女の旅ではありませんかっ!!!


ちょこっと、ご説明すると、
この無患子=soapnut=ムクロジには、
天然の界面活性剤であるサポニンがたくさん含まれているので、

石鹸が発明されていない時代には、
まさしく「石鹸がわり」に使われていた木の実なのです。
この実の皮(殻?)を取り除いた種子を、布袋に入れ、
そのまま水やお湯に浸してかき混ぜると、泡がたつといわれてますが……

その実験結果は、また今度!!!

とりあえず、興奮して一袋ゲットしちゃいました!
いやあ、ビックリしたなあ、もう☆




で、その次。
関子嶺13
山粉圓。

粉圓じたいは、みなさんよくご存知の「タピオカ」を意味するのですが、
これは、バジルの種だそうです。

といっても、これは後から調べてわかったことで、
現地でお店の人に聞いたら
「これがタピオカの原点なんだ!」みたいな返事がかえってきました。

たぶん、タピオカがそんなに一般化しなかった時代、
タピオカがわりに使われていたんでしょうね!

これまた、教室でお出ししている手づくりおやつの材料に、
と思って、ゲット☆
(試作で失敗したら、お出ししませんけど・笑)


そして、最後のお買いものはコレ。
関子嶺14
山芭楽。

これは、みなさんよくご存知のグアバです。
台湾では、 「巴樂汁/パラーツー」 グアバジュースがよく見受けられますが、

実は……

山芭楽と、はじめて出会ったのは
4年前かな。

私は、旅行先では便秘になってしまうのですが
(いつも快調なんだけど、神経が繊細なのね。ほほほほっ)
その4年前くらいの台湾滞在中に、
便秘で悩んでいる私に、妹妹(メイメイ)

「これ、グアバがメインのお茶なんだけど、
便通がよくなるらしいから、飲んでごらん~」 と。

で、飲んでみたら、確かに効果があったんだけど、
後で、調べてみたら、
グアバ=便通というよりも、
ダイエット系だったんだよね!
(たしかに、便秘で有害物質を体内にかこっていては、痩せませんから
そういう意味では便通もダイエットも共通項があるようで)

しかも、ビタミンCは、レモンの3倍だし、
ポリフェノールは多いし、
アレルギー性鼻炎にはよいし、
糖尿病にもいいし、
風邪にもいいし、

とにかく、その時以来、
グアバ=とにかくいいことが多い
と、単純にアタマにインプットされていたので、

これも即買い(笑)




たった3袋のお買い物でしたが、
もうお~~~~ 大満足でありました!

ね、いい顔してるでしょ。
関子嶺11
おばあちゃま、
実は、仏教徒で、出家した方だったんです。

だから、こんなにも あたたかい人柄だったのかな。。。

よい思い出を、ありがとうございました♪
また会う日まで、
どうぞ、お元気で!!!





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

関子嶺の名所 【水火同源】よりも!?

昨日にひき続き、
台南県の関子嶺(かんしれい)温泉のご案内。

今日は、一夜明けて、近くの観光名所です。
関子嶺01
関子嶺の看板?の下、特産物が書かれてます。
視力のよい人はチャレンジしてみてください~ 笑



さて、こちら。
関子嶺02
「水火同源」 と書かれています。
別名 「水火洞」 とも言うそうですが、

なんか。。。。名前が 「漢方チック」 じゃない??

こーゆーの、そそられるんですわ、ワタクシ。
今回のナビゲーター兼ドライバー兼通訳の王子、でかしたぞ!!!

関子嶺04

とりあえず、どんなところか説明いたしますと……
台湾の観光局HPを要約すると、

「特殊な地質構造によって、崖壁から 天然ガス(火)と泉(水)が一緒に出ており、
その土地の人々は、この光景を神様の奇跡だと信じていたため、
日本統治時代から石の佛様――水火神君(不動神君)がまつられている」

そうな。


じゃじゃ~ん!


これが、その風景。
関子嶺03
ホントに 「水火同源」 だ!





が。




しかし、魔女の目線は……
関子嶺05


なにこれ?
関子嶺06
なになに、なにこれ???

なにこれ~~~~~?
関子嶺07
王子いわく、「パンの木です」

「パンの木ってなによ?」

「よくわからないですけど、パンの木って言います」



ふーむ。。。。

パンの木ってこれか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%8E%E3%82%AD

でも、実のカタチが違うけど。。。。





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

泥温泉・関子嶺のウナギと猪

今日は、関子嶺に着いた日の夕飯をご紹介。

昨日、ご紹介した温泉ホテルにチェックインした後、
近くの、これまた別のホテルの食堂へ。

場所は「麗景温泉会館」。
表玄関は、ご覧のとおりのネオン飾りで、ちょっといただけないんですけど……
麗景温泉会館01

その横手に、厨房が隣接されていて、
道路に面した入り口には、こんなどでかい釜?が!
麗景温泉会館02
子供の立っているドアが
そのまま、ホテル内の1階のレストランに通じているのです。


席についても
なにがなにやら???の私は、
この厨房の写真入りメニュー看板で選ぶことに!
麗景温泉会館04

足元には、食材も。
麗景温泉会館05
これは、台湾の山菜のようなもので
「野蓮/イエーリン」というらしい。

炒め物でメニューに出ていたので、
注文すると、こんな感じ。
麗景温泉会館06
豚肉の細切りとあわせてありました。

う~ん、どんな味だったか、
ちょっと思い出せないな~

ということは、ごくフツーの野菜炒めってことだな・笑



そして、食材その二。
麗景温泉会館07
ウナギね。

台湾では、ウナギの養殖が盛んだと
以前、妹妹(メイメイ)から聞いたような記憶がありますが、

出てきたのは……
麗景温泉会館08
すごーい!
目の前で、ジュウジュウいってる~!

野草っぽい植物が
熱気でしんなりなった頃が食べ頃。
もちろん、ウナギは、先に味付けされて焼かれているのですが
麗景温泉会館09
プリプリの弾力で美味しかったですよ~

蒲焼風の味付けでしたが、
なにより、ウナギそのものが、日本のものと比べて
とにかく肉厚! でかい!

一切れでお腹にズシンときますね!


お次は、「炒破布子山蘇」。
麗景温泉会館10
野菜炒めの一種ですが、


この丸い粒が、「破布子/パープウツー」という漬物で、
麗景温泉会館11
詳しくは、妹妹(メイメイ)のブログで紹介されているので
こちらをどうぞ!
http://almosttaiwan.blog5.fc2.com/blog-entry-159.html

これ、しょっぱい味がアクセントになってて
ひと味かわった野菜炒めで面白かったな!

先日の地瓜粥のお店で食べた
切干大根(といっても、実際には漬物に近い)と卵の炒め物もそうだけど、
漬物って、調味料としてすごくいいんだね。

あんまり、そういう料理をしてこなかったので
ちょっと漬物を調味料として、見直してみようかな!



そして、最後。
麗景温泉会館12
「紅焼山猪肉」。


これがね~~~~~~~~


わたくし、こういう↓事情で、
http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-372.html
猪肉には慣れていると思っていたのですが、

脂身というか、なんつーか、
コテコテしすぎて、ダメでした。。。。ごめんなさい。

そりゃあ、一応女性ですから
コラーゲンは大好きですけど、
こりゃなんぼなんでも、でかすぎるだろ!!! と突っ込みを入れたい。

麗景温泉会館14
完食できなかったので、
お持ち帰りしましたけど……


今夜の ウナギ VS. 猪 は、
完全にウナギの勝利であります!

でもなんか、お店によっては
猪も美味しく、アッサリ料理してくれると思うのよね~
機会があれば、またチャレンジャーになりたいと思います♪








読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾四大名湯★泥温泉・関子嶺

昨日の濃霧をぬけて、
台南県の北東にある白河鎮の関子嶺へ到着!!

ここは、実は世界的にも有名な (台湾では唯一の) 泥温泉なのであります。

    詳しくはコチラ。 台南“県”の政府観光情報ページです
    http://tour2.tainan.gov.tw/janpan/tour01-1.htm
    こちらは、台湾の観光局ページ。
    http://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003118&id=R171

これら↑ページによると
泥温泉というか、いわゆる「濁り湯」は、
日本とイタリア、台湾(のなかでも、ココ台南県)の3箇所しかないそうで
美肌系に効果があるそうな。   むふふふっ☆

湯泉美地温泉會館01
途中、いろいろ道草をしたので、
正確な時間はわかりませんが、
台南市を15時頃に出発して、宿に着いたのは、ちょうど夕飯時でした。

お宿は、こちら湯泉美地温泉會館。
http://www.lrsh.com.tw/

宿の外観は、いたってシンプルな四角い建物だったのに、
部屋に入ってみると、ビックリ!

部屋(上の写真)から、そのまま露天風呂なのであります。
湯泉美地温泉會館02
手前の小さな湯船が、冷水用。
奥の広い湯船が、いわゆる温泉用。

湯船から見上げると、そのまま夜空……

ついでに言うと、
トイレとシャワールームも、屋外=温泉風呂の隣りについてます。
湯泉美地温泉會館03

足踏みの石畳があったり、
キンモクセイの植え込みや
写真にはないけれど、籐のチェアもあったりで

いやあ~ こりゃのんびり浸かれるゾ! って感じ。

湯泉美地温泉會館04
日本で温泉というと (私の古いイメージでは)
旅館の大衆浴場がメインで
部屋の内風呂って、しょぼいことが多いんだけど、

今回の台北&ココ台南県で、体験した温泉ホテルは
あくまでも「内風呂」がメインって感じですね。

で、大衆浴場は大衆浴場で、それを専門に営業しているところが
別に存在してるようです。


見えますか? ↓
温泉のお湯……まさしく泥の色!
湯泉美地温泉會館05

そ・し・て!
内風呂には、内風呂ならではの楽しみ方がありまして……

ホテル添えつけのマグカップで赤ワイン。
珈琲カップには、台湾産のオリーブでございます・笑
湯泉美地温泉會館06
この泥温泉、104種類ものミネラルを含んでいるそうで、
なんといっても、お肌にいいんだそうです。

赤ワインのポリフェノールと相乗効果。。。
というわけには、いきませんかね!?
はははははっ


湯泉美地温泉會館07
数年前の地震の影響もあって、
泥の産出量がかなり減っているらしいですが、
ホテルや近くのお土産物屋さんには、
この温泉の粉が、売られています。

そう!
2月の気まぐれ魔女の手づくり石けん教室の温泉粉
ここの温泉の素なんですよ~


少量パックは、こんな袋入り。
関子嶺温泉粉パッケージ01
なんだか、日本の「昭和」のニオイがしません??

関子嶺温泉粉パッケージ02
効能が書かれてますが、
やっぱり皮膚系 (=肌) が多いですよね。
石鹸にピッタリ♪




ちなみに、タイトルにある
台湾四大名湯とは、北投、関子嶺、四重渓、陽明山だそうです。

北投も今回、体験させていただいたので、
残るは2つ!!

いつかご紹介できる機会があればいいですネ。




明日は、この関子嶺周辺のもろもろを
お伝えしますね~!




読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾で初めて飲んだ【養生珈琲酵素】と【龍眼花茶】

先日、台南県の名物★肉圓(ロウイェン)をご紹介しましたが、

今日から、いよいよ その台南県にある泥温泉【関子嶺】のお話です。
       ※日本語読みでは「かんしれい」。
        台南市の隣に位置する台南県白河鎮にある温泉で
        世界的にも有名な“泥温泉”です。
        Wikipediaの説明は  >コチラ

といっても、関子嶺につくまでに
いろいろと思い出があるので、順番に!


今回、はじめて台南県をドライブしたのですが、
こんな風景が、あちこちに広がっている田舎で、
関子嶺HE

大きな道路 (田舎の道路って大きいですよね) の周辺には、
こんな素朴なお店が ↓ ぽつ、ぽつ、と並んでいたりします。
関子嶺へ02
店主は店先で、のんびり日向ぼっこ?

中央に映っているのは、
今回の旅行の通訳&ナビゲーター役の王子です。

車をとめて、王子が買ってきたのはコレ。
関子嶺へ03
有機栽培のピーナッツ。

台湾は、ピーナッツに限らず、
南国だけあって、果実のお菓子が多いのですが、
   (ピーナッツは、南米原産で中国を経由して日本に伝わったそうです)
これは「自家製★有機栽培」のもの。

粒が小さくて、不揃いなのですが、
台湾に20年近く住んでいる妹妹(メイメイ)も、
「このピーナッツは美味い!!」と言って、ボリボリ食べてました・笑


そうこうするうちに、
そんなお店も、すぐに見えなくなり、
車はどんどん山の上に。
関子嶺へ06
うっすら霧が出てるでしょ。

この霧、だんだんひどくなって、
関子嶺へ05
数メートル先も、見えなくなるくらいの濃霧に。。。。。




で、この濃霧のなか、
途中で立ち寄ったのが、王子のおすすめの珈琲屋さんです。
山野農荘コーヒー01
こちら↓の記事にも書きましたが、
http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-644.html
台湾 (とくに暖かい南部) では、
意外にも、珈琲豆の栽培がすすんでいるんですね。



こちらの珈琲屋さんも、
見た目は、たんなるバラック小屋ですが、

自分の珈琲畑を持ち、自分で育てた豆を自家焙煎して飲ませてくれるのです。
名前は 「山野農荘珈琲園」。
山野農荘コーヒー07
店先には、珈琲を焙煎するための機械類がありました。

山野農荘コーヒー07
シートがかぶせてあったんだけど、
写真を撮っていたら、ご主人がわざわざシートをはずしてくれました。


こちらは、メニューボード。
山野農荘コーヒー04
もちろん、珈琲メニューが筆頭ですが、
よくよく見ると……

上から3つめ 「熱龍眼花茶」!!!!

龍眼の大好きな私ですが、その花のお茶はまだ飲んだことないのです!
おおおお~
素晴らしい出会い!!!!


と思っていたら、

下から2つめ 「養生珈琲酵素」とな!!!!

なんじゃそれ~~~~~!


すごーく、迷ったのですが、
濃霧のなか、すこし肌寒かったので、 「熱龍眼花茶」 をチョイス。
    ( でも、結局 「養生珈琲酵素」 も飲むことになるのだ☆)
山野農荘コーヒー02
ここは家族経営らしいのですが、
この日、注文を受けてくれたのは、息子さん。


山野農荘コーヒー03
お茶が出てくるまで、
カウンター内の息子さんを、じーーーと見ている (監視している??) ワタシ。

すごい態度、でかいですね。。。。
すんません。。。。



そして、ついに出てきた 「熱龍眼花茶」!
山野農荘コーヒー05
龍眼のお茶は、キンモクセイの花の雰囲気によく似てました。

でも、花よりも 「実」 の方が有名であるだけに、
お茶としては、とくに特長もなく、
ごくフツーのハーブティーという感じ。



そ・し・て!!!
ひと息ついていたら、
なんとご主人のサービスで 「養生珈琲酵素」 が!!!
山野農荘コーヒー06
珈琲の酵素とは、そもそもどんな味のするものなのか、
私は知りませんが、

飲んだ感じは、まさにお酢ドリンク!
酵素って、発酵過程の副産物なので
結局「酸っぱい」発酵系の味に統一されちゃうのかな?

珈琲の味は、全然しないので、
逆に、珈琲の苦手な人にもOKですね、これは。



ご主人から、中国語で書かれた説明書をいただいたのですが
(私のつたない翻訳では……)
この珈琲酵素は、

・疲労を回復し、体内環境をととのえる
・鉄分の吸収を促す
・消炎、排毒作用
・口臭防止、歯周病の予防
・体内細胞の活性
・黒髪によい


という効果があるそうです。

最後の「黒髪」に、
妙にひっかっかってしまうのは私だけ!? 笑

まあ、細胞が元気になれば、
頭皮も元気になって、黒髪も生えやすいってことでしょうね。
山野農荘コーヒー08
最後に、ご主人とパチリ☆

あたたかいおもてなしを
どうもありがとうございました!!







追伸↓

コレ、カウンターに、さりげなく置いてあったもの。
山野農荘コーヒー09
「もしや……」と思って、質問したら、大当たり。

漢方生薬の霊芝(れいし)です。

これだけで ン万円じゃないの~~~
紙コップでいいの~~~~

と、思わず叫びそうになりました・笑






さてさて、関子嶺まで
残すところ約20キロであります。




読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南名物★招牌乾麺 と 台南県の肉圓

今日は、台湾というより、
「台南」の名物料理をご紹介。

ぶらりと立ち寄ったお店、 名前は「鄭家紅油抄手」。
鄭家紅油抄手01
小さな、よくある感じの店で、
注文した料理が出てくるまで、テレビをジーっと。


が、


なにを言っているのかは、まったく理解してません。
鄭家紅油抄手06
理解してない顔をしてます、ハイ。



そして、待つこと数分、
なんの期待もなく、入ったお店でしたが、
大当たり~!!!!
鄭家紅油抄手02
ケータリングの方がメインらしく、
食べている間にも、お客さんがよく来てました。

鄭家紅油抄手03
こちらは 「鮮蝦雲呑麺」。
台北でも食べたけど、こっちの方が断然美味しかった!

うーん、「美味しい」といっても、
ずば抜けて何がどう って意味じゃなくて、
安心して食べられる家庭の味って感じかな。

今日のお昼、外でカンタンに食べようよ~ ってな時に
「じゃあまた、あの店、行く?」って言えるノリね。



で、こちらがウワサの
台南名物料理 「招牌乾麺(ツァウパイカンメン)」。
鄭家紅油抄手04
茹であげた麺に、ひき肉のそぼろをのせ、
ゴマ風味で味付けしたもの。

汁気のない麺(乾麺)は、
あんまり好きじゃなかったんだけど、
これは美味しかった。

次回は、ぜひこれを注文しようっと!

鄭家紅油抄手05
ちなみに、こちらは
豚バラ肉と鴨血(黒いやつ)をあわせて炒めたものと
煮卵の付け合せ。

これも、なかなかイケましたよ♪



そして、こちらは、昨年の台湾行きで食べたものですが
肉圓01
台南市のお隣りに位置する、台南県の名物 「肉圓 (ロウイェン)」 です。

今回、台南県も
温泉に行く途中 (明日、ご紹介しますネ) 
車で通ったのですが、
「県」とは名ばかりで、
広い広い畑 (といっても、全部南国の植物ばかりですけど) が続いていて
なごやか~な田舎町といった感じです。

そこの名物である肉圓は、
片栗粉の透明感のある生地に包んだ肉饅頭って感じのもので、
関西の人にはおなじみの「ドテ焼き」によく似た
味噌っぽいソースにからめて食します。

肉圓02
味は……まあまあって感じでしたが・笑
これは、きっと片栗粉メインの皮が分厚いせいじゃないかな。
(片栗粉には、味がないからね)

台南の風景と同じで、素朴な味!って感じかな。



「名物」とひと言にいっても、
各お店によって、味付けや作り方も微妙に異なるので
また違うお店のものを食べたら
新しい発見があるかも……!







読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾ならではの……お菓子いろいろ

今日、ご紹介したいのは、手前の3点。

台北の漢方街で購入した“おやつ”です。
お菓子01
私も、はじめて見るものばかりだったので、
ひょっとしたら、
お正月前の出店にだけ並ぶ商品なのかもしれませんが……


まず、この真っ赤なドライフルーツは
ハイビスカス
日本でも、ハーブティとしてお馴染みの「ハイビスカス」。

ハーブティーも、
きれいな赤色の飲み物ですが、そのまんま同じ色ですね。

味も、そのまんまハーブティーの感じ。
ハイビスカス02
日本で食用花というと、
なんといっても 「菊」 ですが、
苦味がかって、あんまり美味ではないですよね。。。

こんなお花が、身近にあったら
パーティとかするのに、便利なのにね~



そして、次はこれ。
オリーブ
切り込みが入っているのは、
中の種をあらかじめ、取り除いてあるためです。

これも、みなさん、よくご存知の。。。。。
オリーブなんですよ!

正確な名前は、橄欖(カンラン)といい、
中国版オリーブといった感じ。
日本で、よく輸入されているオリーブとは形や大きさが違いますね。

上のものは、中薬につけて、漢方風味に味付けされてますが、
お菓子としてもOKだし、やっぱりワインにもいけそうです♪

また、種の種皮をとった「仁」も、揚げ物や炒め物の料理や
お菓子の餡に使われたりします。


そして、最後はコレ。
ジャックフルーツ01
パパイヤ? マンゴー? と間違いそうですが、
正解は、「ジャックフルーツ」。

世界で一番大きな果実として有名ですね。
こちらのサイトに、木になっている姿の写真が掲載されています。
http://tonyjsp.com/food/tropical/fruit-03.html


おもしろいのは、
ジャックフルーツを、漢字で書くと「波羅蜜 (パラミツ)」となります。

読みは、最初の文字を「パ」と読んだり、「バ」と読んだり、「ハ」と読んだり、
さまざまですが、

漢字そのものを見て、ピン!ときませんか?
ジャックフルーツ02
波羅蜜……そう、般若心経にも出てきますよね~

般若心経でいう「波羅蜜」は、
私の持っている本によると、

パーラーミーターという梵語の音写で、
正確には 「波羅蜜多(はらみた)」 になるんですが、

さとりの世界に到達するには、6つの波羅蜜を超えなければいけない。
その6つとは……

・檀那波羅蜜(だんな)波羅蜜……ほどこしをする実践
・持戒波羅蜜(じかい)波羅蜜……さまざまな規律を守る実践
・忍辱(にんにく)波羅蜜……じっと我慢をする実践
・精進(しょうじん)波羅蜜……努力をする実践
・禅定(ぜんじょう)波羅蜜……心を集中させる実践
・般若(はんにゃ)波羅蜜……正しい智恵を得る実践

になるそうです。


お菓子02
波羅蜜のパッケージを見たときに、
なんだか違和感があったのですが、

帰国後、落ち着いて、なにげない瞬間に
 「うん? まてよ……」 と思うものがあって、
本棚の本を読み返し、「ああ、やっぱり!」 と、妙なリンクに感心したしだいです。


どうして、ジャックフルーツに
「波羅蜜」という漢字があてられたのかは、謎ですけど、


こうやって意外なところで
意外な知識がリンクしていくの、おもしろいです。






読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾ならではの……朝ごはんと妊婦さん食事

またまた、食べものネタに移ります~


これは、台湾ならではの伝統的な朝ごはん。
今は、食べる人も少なくなったんじゃないかなと思うけど……
伝統的朝ごはん01
写真左奥、平たい薄揚げみたいなのが、焼餅(サオピン)。
写真右奥、棒状が、油條(ヨウティアオ)。
写真手前、肉包(ロウパオ)。

とくに、この焼餅と油條が代表選手で、
これに、ちょっと甘めの熱い豆乳があれば完璧!って感じ。

しかし、私が、この焼餅と油條を、別々にほおばっていたら、
「違う!違う!」と。
台湾の伝統的朝ごはん02
こんなふうに、焼餅を半開きにして
油條を挟んで食べるのが、台湾ならではの王道の食べ方だそうです。

ちょっとわかりにくいかな……

こんな感じ↓。
台湾の伝統的朝ごはん03
いやあ、もう
いわゆる揚げパン同士をくっつけるわけですから、

大ボリューム! さすが南国ですね。
一日の体力消耗をこれで防ぐぞ!っていう意気込みが
すごく伝わってくる・笑

今回は、お持ち帰りしたものを
家で食べたのですが、
次回はぜひ、店先で熱々の揚げたてを食べてみたいな!




ちなみに、こちらは……
昨年の旅行で、リンちゃんが持ってきてくれた
台湾の朝ごはん。

    リンちゃんのご紹介はコチラ。
    http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-394.html

一番上の写真の手前に、肉包(ロウパオ)が映っていますが、
それのバリエーションみたいなものですね。
台湾の朝ごはん01
左が、肉包(ロウパオ)ならぬ 菜包(ツァイパオ)。
右が、五穀饅頭ジャー蛋(ウーグゥマントウジャーダン)。

去年は、台湾に行ったものの、
仕事、仕事……の毎日で、もうまったく出歩くことがなかったため、
みんなが、次々に、差し入れを持ってきてくれたのです。
台湾の朝ごはん02
なので、今年の台湾は、
私にとっては2年ぶりのバケーションって感じかな~

いずれも、それぞれに楽しい思い出です♪



そして、次のご紹介は、“朝ごはん”ではないけど、
今回、たまたま通りすがったお店。
妊婦さんの食事宅配01
写真はボケボケだし、

店内は、よく見えんし、
まことに申し訳ないですが、

実は、このお店……
妊婦さんの食事宅配02
産後の女性のための食事を
一ヶ月間、毎日ケータリングするお店なんです。



産後の女性は、
必要とされる栄養が、通常とは違うので、
それを専門的に考慮して作った食事をつくって、届けるシステム。

いいでしょ~
妊婦さんの食事宅配03
もちろん、台湾の、赤ちゃんを産んだ女性全員が
このシステムを利用するわけではないけれど、

産後の疲労が大きい時期の女性に対する
配慮が行き届いているじゃないですか!


う~む。


私は、自分の年齢を考えると、
子供はもう無理なんだけど、

このケータリング・システムをみた瞬間、
「産んだら、食べられるのかっ!?」 と目の色が変わってしまいました。。。。



食べたい。。。。









読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾のお正月の準備 ~今年最後の拝拝~

ここらでちょっこっと、台南のお正月準備の風景を。。。

台湾のお正月(春節)は、
太陰太陽暦(農暦)でみるので、2010年は2月14日になります。

2月14日といえば……そう、
人類?の新しい習慣?、バレンタインデーですね。

台湾では、バレンタインデーを「情人節」と書くんだけど、
情人って……なんかダイレクトすぎて、ちょっとひく。。。 (のは、私だけ?)

なにはともあれ、
正月(春節)とバレンタインデー(情人節)が重なるのは
57年ぶりだそうです。

すごくめずらしいのネ。

そんなことも知らずに、台湾にやってきたワタシ。
当然ながら、台湾の正月も初めてです。

街中がどう変わるのか、すごく楽しみにしていたのですが、
日本と同じでいたってシンプル。
工作室01
妹妹(メイメイ)のアトリエ。

赤い紙が貼られてますね。


日本でいうと、玄関先に飾るしめ縄みたいな感じかな。
書いてある言葉はマチマチで、
まあ、新年おめでとう という感じ。


あと、フツーのスーパーなんかでも、
拝拝(パイパ)グッズが充実。
スーパー

台湾では、拝拝(パイパイ)といって、
お店を経営している人たちなんかが、
店先で、毎月2回ほど、神様にお礼をする風習があります。

2009年の最後の月の拝拝を、
正月前にすませないといけないので、
年末が差し迫ってくると、拝拝する人が多くなるんですね。

これも、そのひとつ。
拝拝01
通りすがりに写真を撮らせてもらったのですが、

神様にお供えする食べものアレコレと……
拝拝02

神様にお供えするお金。
拝拝03
すごいな~


実は、この数日後、
もっとすごい大金(!?)を目にすることになるのですが、
それはまた追い追いに……!!



・ ---------------------------------- ・

ここのところ、台湾行きのご報告日記が続いておりますが、

今月の気まぐれ魔女の手づくり石けん教室
今日で、無事にオワリました♪
2010年2月気まぐれ魔女の手づくり石けん教室
ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございます!

来月の気まぐれ魔女コースも、
ひき続き「台湾シリーズ第2弾」で、お送りしますので
お楽しみに~♪
http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-686.html




そして、こちらは、第4回目を迎えた、
現在の魔女×魔女コースの風景。
2010年2月魔女×魔女コース
このクラスは、来月いよいよ最終回です♪

どんなケーキソープが仕上がるか、楽しみですね!!!





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南 地瓜粥と妹妹のパン

うちの妹妹(メイメイ)は、
台南でアトリエを運営し、パン教室なんぞも開いているのですが、
http://yukiworkshop.blog124.fc2.com/

私自身は、妹妹のパンを食べたことがなかったんですね~
今回、「食べさせろ!!!」 と うるさく言ったら、
ご覧のとおり。
妹妹のパン01
●ドイツパン http://almosttaiwan.blog5.fc2.com/blog-entry-524.html
●トマトパン http://almosttaiwan.blog5.fc2.com/blog-entry-522.html
●海苔パン http://yukiworkshop.blog124.fc2.com/blog-entry-194.html


私としては、
このドイツパンが一番好みで、美味しかった!!!
妹妹のパン02
ドイツパンってサ、どっしりしてるんだけど、
噛みしめると、こう、奥からしっとり感が出てくるような感じがするでしょ?

そのバランスが、ちょうどよかったな!
う~む、今度は焼きたてをぜひ♪



というわけで、
台南初の朝ごはんは、妹妹のパンだったのですが、
そこに添えたジャム3種も、お披露目。
妹妹のパン03
一番奥は、黒糖とトマト (だったかな?)の王子の手作りジャム。
右下は、私の手作りの林檎とクコの実のジャム。
左下は、市販品のラムレーズンのジャム。

ワタクシ、パンは作りませんが、
ジャムは、作ります。
はははははっ




この日は、のんびりと過ごし、
夕飯は、地瓜粥(ディグワゾー)のお店へ。
お粥01
私の胃の調子が悪かったので
   (↑もうそろそろ、いちいち書くの、しつこい? 笑)
みんな、いろいろ気を遣ってくれたのだ☆

地瓜(ディグワ)というのは、さつまいものことで、
ようは、さつまいも入りのお粥なのですが、
お粥02

おかずは、ごくフツーにいろいろと選べます。
お粥03
日本の惣菜屋さんみたいに、並んでいるものもあれば、
注文してから作ってくれるものも。

店内は、こんな感じ。
お粥05

手前↓が、その さつまいものお粥。
少し、水気が多かったかな。

「ちょっと味が変わったかも」 と
みんなも申しておりました☆

私の経験でいうと、お粥なら、香港が一番充実してるかな~~
台湾は、どっちかというと
麺の国のような気がするな。。。


が、おかずは、美味しかった!!!!
お粥04
真ん中↑の、卵炒めは、
切干大根が入っている 「菜プ蛋(ザイプタン)」といいます。

日本の切干大根とは、ちょっと違って、漬物風だそうですが、
塩気を抜いてから、卵と一緒に炒めるそう。

すごくお粥にあう味で、
日本人にとっては、懐かしく、安心して食べられる一品じゃないかな~


お粥06
私が一番気にいったのは、コレ。
「蒸鱈魚(ツンシェーウイー)」 鱈の蒸し煮です。

お粥07
こちらも、私の大好きな豆鼓(トウチ)入りのお料理。
「豆鼓鮮蠣(ドーグーセンコー)」。 
   ちょっと最後の漢字が違うけど、出てこないので……m(_ _)m

レシピの参考に注文したんだけど、美味しかった。

今度、チャレンジしてみよ。





そして、食後は、お決まりの夜市へ。
夜市01

こちらも、台北の漢方街におとらず、
すごい人出だったのですが、
夜市02

ここ数日、台南は、半袖一枚の陽気だったのですが、
屋台は、まだまだ長袖の品揃え。

突然の気温の変化に、仕入れが追いつかなかったんですね。

おかげさまで、
ショッピング意欲が、まるで出てこない・苦笑。
夜市03

ぶらぶらと散歩して、
サングラスとカチューシャを買った後、
夜市04
ジュースを飲んで帰りましたとさ。
はははははっ



続きは、また明日♪



読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南到着! 懐かしの朋友がぞくぞく!

いえ~い♪
いよいよ懐かしの台南です!

私にとっては、日本の次に、友達の多いところ。


ま、正確にいうと、みんな妹妹(メイメイ)の友達なので、
彼らにとってみれば
「妹妹(メイメイ)のお姉さん」 として、仲良くしてくれてるんだけど、

こっちは勝手に、朋友(ポンヨウ=友達)扱い。  はははははっ
すみませんな!

台南に着いたのは、すでに夕飯時だったので、
さっそくエイミィの「劉麻辣世家」へ。
劉麻辣世家01
去年の記事でもご紹介したお店です。
http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-396.html
○「劉麻辣世家」 台南市慶東街70號

台南にお立ち寄りの際はぜひ♪


年末 (台湾は旧暦) の忙しい時期なのに、
ピンちゃんも駆けつけてくれました。
劉麻辣世家02
ピンちゃんの紹介はこちらね。
http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-395.html

私の胃の調子が悪かったので
みんな「麻辣鍋、食べられるかな~」 と心配してくれたのですが、
こればっかりは別!!!

このために、必死に養生したようなものです・笑

劉麻辣世家03
これは、また別の日に撮った写真。
私、エイミィ、妹妹の3ショット。

しかし。。。
それにしても私。。。

ずっと同じ服だな。

ははははっ

台湾行きは、みんなへのお土産だけでトランクがいっぱいになるので
スーツケースに服の入る余地がまったくないのネ。

ま、どうでもいいことなんだけど、
こうして写真にしてみると、1日旅行みたいじゃない? 笑



そして、麻辣鍋を食べた後は
クニちゃんの経営するバーへ。
国ちゃんバー01
中庭付きの古い一軒屋を、
自分で改造したバーなのですが、
雰囲気がすごくいいでしょ。

中庭では、ソファに座って、
夜空を眺めながら、お酒が呑めるのだ。

実は、ここで紹介した場所も、このバーなんですよ。
http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-402.html


オーナーのクニちゃんが……
クニちゃんバー03



なんと、お祝いにシャンパンをご馳走してくれました!
国ちゃんバー02
真的謝謝~~!!





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾新幹線の駅ビル 上海湯包館と山芋アイス

昨日、
食べものは台南の方が好き! と豪語したばかりですが

最後の最後、
台北から台南へ移動する直前に、
立ち寄ったこの店は、意外に美味しかったのであります・笑

台北の新幹線の駅ビルの2階にある
「上海湯包館」。
上海湯包館01
スーツケースは重いし、コインロッカーは満杯だし
お昼は近場ですませるか!! と、
なんの期待もなく、入ったのですが、

味がしっかりしていて、本格的!

「上海」と名前がつくとおり、台湾料理ではないけれど、
おすすめですよ♪
上海湯包館02
チャーハン、蝦のカニ肉炒め、海鮮の豆腐あんかけ。


上海湯包館03
上海といえば、小籠包。
これも、皮のなかに熱々のお汁いっぱいで、美味しかった~


上海湯包館04
ちょうどお昼の混雑時だったんだけど (みんな、美味しいの知ってるのかな~)
まわりの雑踏をカンペキ無視して、
ひたすら食べ続けるアタシ・笑


このお店、この駅ビル以外にも数店舗あるのですが

・台北の新光三越A4館6F
・ 〃  101のB1階
・台中の新光三越9F

てな感じで、
デパート&101など、立地のいいところに多く出店してるのね。
立ち寄りやすいと思うので、機会があればぜひどうぞ。

「上海湯包館」で、サイト検索すると、
日本語サイトでもかなりの数がヒットしますよ♪



で、このレストランを出ると
目の前に、アイス&おまんじゅうの販売店が。
山芋アイス01
台南に住む妹妹(メイメイ)のお土産に、
(なぜか台湾だというのに) わらび餅を購入し、

自分には、食後のデザート用に、アイスを購入。
山芋アイス02
新幹線の待ち時間に食べたんだけど……
ラベル、読めるかな???


山芋と豆腐のアイスなんですよ~

山芋アイス03
うっすら塊がのぞいてますが、これ、山芋。


昨日も、台湾デザートはヘルシー系が多いって
書いたけど。。。。

こういうところがね、
私的には、そそられるんですな・笑



というわけで、
明日から、いよいよ台南編であります♪





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台北 食べたものいろいろ

台湾旅行、ご紹介の続きです♪

仕事関係の買付けを終えたら、
あとは、リフレッシュタイム。

気分もすごーく軽くなって、
いよいよ妹妹(メイメイ)の待つ台南へ移動するのですが、

その前に。

台北で食べたものを、ご紹介。
しゃぶしゃぶ01
台湾到着、当日の夜は、
すごーくオーソドックスですけど……しゃぶしゃぶ・笑

出発前に、胃の調子が悪かったこともあり、
いきなり台湾の食事をとるのは、気がひけたので、

なるべく、アッサリと胃にやさしいものを。。。と、
かなり悩んだあげくのチョイスだったのです。



しゃぶしゃぶ (私は、エビとハマグリのしゃぶしゃぶを注文) じたいは、
めずらしくないけれど、

台湾では、鍋系は、こんなふうに↓
しゃぶしゃぶ02
たいてい薬味コーナーというのがあって、
「自由にタレをつくれる&おかわり自由」な店が多いんですね。

薬味好きの私にとって、
このシステムは、大~好き。


ま、今回は
唐辛子やニンニクはパスして、タレもアッサリ系でまとめましたけど☆



仙草デザート01
こちらは、デザートのお店。
イートインも、お持ち帰りも、両方OK。

仙草デザート02
すごくいろんな種類がありますが、

【漢方ビューティ講座】でも紹介した
私のおすすめ&大好きな 仙草のデザートに。
仙草デザート03
すごいでしょ~

どんぶり一杯分の大ボリューム。

黒い色は、仙草の色で、
具は、緑豆、タピオカ、蓮の実などいろいろ……。
   (ボケボケ写真でごめん)
仙草デザート04
冷たくも、温かくもできるのですが、

これまた胃にやさしく、と 温かいものを注文。
日本でいうと、さらっとしたお汁粉って感じ?

右下の、比較的大きな白い粒が、
昨日のブログ記事のなかで、ちょこっと書いた「蓮の実」ですよ。



デザートといっても、
台湾では、こんなふうに 身体にやさしい甘みのものが
たくさんあるのが魅力のひとつかな~

たとえば、昨年、紹介した台湾のかき氷も↓
http://holisticbeautystudio.blog22.fc2.com/blog-entry-492.html
日本でよくある、氷+合成シロップ じゃなくて
芋やら豆やらがたっぷり入った具沢山なので、すごく健康的でしょ。

ああ~
あのかき氷屋さん、も1回行きたいな~



最後にご紹介するのは……
鮮蝦雲呑麺01
漢方街に行った夜のご飯。

通りすがりに入った、小さなお店で
「鮮蝦雲呑麺 (センシャーウィンツンメン)」。

鮮蝦雲呑麺03
蝦入りのワンタンが入った麺です。

ほかに、ピータンや水餃子もいただきました♪




どれも、美味しくいただいたけど、
うーん、私はやっぱり
食事でいえば、台北よりも台南の方が、断然好き。

台北は、観光がすすんだ都会だけあって、
こじゃれた店や、外国の料理 (日本で食べるフレンチやイタリアンの感じ) が多いので、
ちょっともの足りないのね。。。。
ブランド系のショッピングを楽しみたい方にはオススメだけど☆

私にとって、台北は
漢方街と台北に住む友達に会う以外は、
あんまりそそられない街かな~

あ、今回はじめて行った 北投の温泉街は、
台北のなかでも 田舎っぽくて、よかったよ!




読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台北 漢方街もお正月気分

さてさて。

台北に宿泊したのは、
教室やセミナーで使用する材料の仕入れが目的。

とりあえず、仕事関係をすませて、あとはのんびり……という予定だったので、
台湾到着の翌日に、早速、台北の漢方街へ。

が、しかし!
漢方街01
この漢方街には、毎年足を運んでいるのだけど、
いつもと様子がまるっきり違う!!!

漢方街03
道の両側に並んだ漢方問屋の前に、
「お正月」ならではの屋台の店 (漢方とはまったく関係ない) がズラリ!

上の写真は、
オモチャなどを競りにかける屋台。

漢方街04
こちらは、お菓子いろいろの屋台。

漢方街05
日本のお祭りの屋台と一緒で、
食べものを売る屋台も。。。。

肝心の漢方の問屋さんは、
これら屋台の列の後ろ側で、通常どおり開店しているのですが、
そちらの人通りはまったくナシ。

たぶん、日本だったら、
お店を閉めてしまうような~

逞しいなあ~


と思いつつ、
漢方街06
この人ゴミに負けないよう、まずは腹ごしらえ。



いつも立ち寄るお店。
名前はわかんないんだけど、
漢方街07
大将?が、男前っしょ・笑

数年前、妹妹(メイメイ)とたまたま立ち寄ったら
すごく美味しかったので、定番になってます。
漢方街07
メインは、奥に映っている 「鶏肉魯飯」。

漢方街08
この鶏肉が美味しいんだわ~


少し味が変わったような気がしたけど、
たぶん、この忙しさのせいかも。。。。。笑



無事に、仕事関係の買付けも終了し、
最後に、お馴染みの漢方問屋さんで記念撮影。
漢方街09
このお店は、商品の質がすごくいいわりに、
値段もごくごくフツー。

ようは、とっても信頼できるお店で、
仲良しのおばあさんがいるのだ。




けど、
このおばあさん、今年の正月を最後に台中へ引退するんだって。




一年に一度の訪問ですが、
いつもお茶やら、お菓子やらを出して、大歓迎してくれて……。

すごく会うのを楽しみにしていたのに、
ちょっと寂しい気分。




でも、最後に会えて、本当によかった!!!!




読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台北の北投温泉 地熱谷

昨日にひき続き、
台湾の三大名湯のひとつ、北投(ペイトウ)温泉のご紹介です。

今回の旅行は、とりあえず台北で2泊なので、
翌日は、ホテルからMRT(電車)の駅まで、歩いていくことに。
地熱谷
これが、北投温泉の源泉といわれる「地熱谷」です。


地熱谷02
煙じゃなくて、湯気です、湯気!

地熱谷03
向こうが見えない。。。


あたり一面、温泉=硫黄のニオイで、
まるで、温泉に浸かっているような気分になります。


地熱谷06
子供たちをひきつれた学校の先生は、
マジメに“お勉強”してましたけど……

地熱谷05





魔女は……





おお~ ええ湯やのう~
地熱谷04
という感じ。



どこへ行っても、性格が出ますな、ハイ。




近くには、
図書館
こんなキレイな図書館も。


ああああ~
ここで、のんびり本を読みたい~


日本の図書館は、なんであんなに殺風景なんだろ?
公園
隣接する公園では、
幼稚園(かな?)の子供たちが、お絵描き実習。



そうそう、
道の途中にこんなものを発見。

今日の「コレな~んだ?」です。
リサイクルボックス01
漢字を見ると、なんとなくわかりますよね。


不要になった衣類を入れる
リサイクルポストなんです。

リサイクルポスト02
もちろん、きちんと回収されて
必要とする人たちの手元に届くシステムがあります。


すごく便利じゃないですか?


こういうところは、
日本は遅れているのか、はたまた失ってしまったのか。。。。

台湾、日本に関係なく、
いいものは、どんどん自分たちの国に取り入れてほしいなあと
思うのですが、

たぶん、政治家さんたちは、
海外にいっても、現地のホントの生活は見ないんでしょうね。




読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台北の北投温泉

お久しぶりでございます。
台湾から無事に戻ってまいりました☆

年末から年明けにかけての“お粥養生”生活やら
台湾行きやらで、
長らくブログをお休みしていましたが、
いよいよ復活でございます・笑

しばらくは、
今回の台湾旅行ネタをご紹介したいと思いますので、
どうぞよろしくお願いしますね。
ホーホン07
昨年の台湾行きは、ケーキソープ展示会がメインだったので
お世話になった方々や展示会の様子をご紹介しましたが、

今回は、台湾のお正月&温泉がテーマ。

なので、順を追って、お話していきますね~


上の写真は、
台北の北投(ペイトウ)温泉街にある温泉ホテルのひとつ。

こちらの↓写真は、正面玄関から、
ホテルの庭にある“離れ”を映したところ。
ホーホン01
なかなかよい感じでしょ?

数年前に台湾の温泉に行った時は
日帰りで、大衆浴場?みたいな感じだったのですが、

今回は、台湾に着いてすぐ、
こちらに寄って2泊するつもりだったので、
温泉はホテルのお部屋で……



日本で「室内のお風呂」というと、
すっごく小さいイメージがあるけど、

5人くらい入れるぞ!!!!ってな大きさだったので、
ちょっとビックリしました。
ホーホン03
お湯は、さらさらした感じで
とくにコレといった特長はなかったかな~

      あ、今月の石けん教室で使う温泉粉
      ここの温泉じゃないですよ。
      また、追ってご紹介しますね~


それよりも、
ホテルの雰囲気そのものが、よかったな♪
ホーホン04
談話室。

ホーホン05
廊下に飾られていた調度品のなかで、一番のお気に入り。

ホーホン06
雑誌コーナー。

黒を使ったインテリアや家具って
好きじゃないんだけど、
こういう“木”の持つ重厚感は、すごく好きなんだな~

この雑誌コーナーを見つけたのは、
チェックアウトの直前だったので、
もう少し早く見つけられたら、ここでのんびりしたのに。。。
と、ちょっと残念。




そして、コレ。
なんだかわかりますか?
温泉卵
2枚目の写真で紹介した、
ホテルの“離れ”というか、外でお茶できる小さなスペースにあったもの。


くふふふっ。


温泉卵をつくる石なんですよ~



まるっきり日本と同じ感覚でしょ。



たとえば、これも。
北投温泉の周辺01

温泉街なので、ホテル以外にも
日帰りの銭湯みたいな大衆浴場があちこちにあるのですが、
のれんが、日本~!

北投温泉の周辺02
こちらは、上の写真の大衆浴場を
昼間に上から撮ったもの。


温泉マークも日本と同じ~ 笑


きわめつけは、コレ。
北投温泉の周辺03
熱海。

なははははっ




なんでも、日本の統治時代に
温泉街がつくられたそうで、
その名残で、「熱海」とか「加賀屋」などという日本名を冠した
旅館が多いそうです。



こんな感じで
明日は、北投温泉周辺をご紹介しますね♪




●北投温泉については、こちらのサイトが詳しかったので
ご興味のある方はどうぞ。
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/onsen.htm
http://www.taipeinavi.com/play/74/article/


●私の泊ったホテルはコチラ
http://www.pelican-travel.net/hotelinfo.php?frCd=taiwan&htlCd=LOTUS_SPA&countryCd=TWN&cityCd=TPECTY





読んでいただいてありがとうございます。また遊びにきてくださいネ!
コチラ ブログランキングにエントリーしてます。下のバナーを1クリック=1票の励ましポチ!もよろしくデス


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ  

| 台湾いろいろ | 22:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。